DEAD OR ALIVE 5』が201

November 29 [Tue], 2016, 8:21
舞台・設定が異なる4本を配信予定 いよいよロサンゼルスで開幕したE3 2012. 2K Gamesブースから、三人称視点シューティング『 Spec Ops: The Line 』のE3デモのプレイリポートをお届けする. 一般向けの試遊台ではシングルプレイモードを公開していたが、登録制のエリアでは、プレス向けにCo-op(協力)プレイモードを遊ぶことができた. ゲーム本体とは別に発売後に無料配信されるとのことで、4本のマップを収録予定. 敵がつぎつぎと襲ってくる中、相棒と協力して、マップ上に順番に配置されたチェックポイントを通過し、ゴールまでたどり着くのが目的となる. 難度イージーでのプレイだったのだが、敵を倒すこと自体は簡単なものの、それでも攻撃が分厚く、ナメて撃っているとダウンさせられてしまう場面も. FPS/TPSに慣れている人でも、それなりの難度でプレイするなら、友達と死角をちゃんとカバーし合いながらプレイする必要があるだろう. また、シングルプレイやマルチプレイ対戦同様にCo-opモードでもギミックが仕掛けられており、砂嵐が発生して視界がほとんどなくなってしまうこともあった. プレイしたマップは、高層ビルの屋上が舞台で、敵リーダーの元に向かって彼を射殺し、ジップラインで離脱するという内容. コンテンツとしては長すぎも短すぎもしないほどよい印象. マルチプレイ対戦の前後に気の合った仲間とストレッチ代わりに遊ぶといったこともできそうだ. 本作は日本でもプレイステーション3とXbox 360で8月30日の発売を予定している.

コーエーテクモゲームスは、PS3/Xbox 360用ソフト『DEAD OR ALIVE(デッド オア アライブ) 5』を2012年内に発売する. 価格は未定. 『DEAD OR ALIVE 5』は、3D対戦格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズの最新作. ナンバリングタイトルとしては久しぶりの新作となり、モデリングの一新はもちろんのこと、相手を任意の方向に吹っ飛ばせる新必殺技"パワーブロー"が追加されるなど、大幅にパワーアップを遂げている. キャラクターモデルを一新 顔や頭の造形、肌の質感、目、髪の毛、表情など、キャラクターモデルやその表現方法が一新される. これまで表現しきれなかったキャラクターの魅力を引き出し、全世界のプレイヤーを魅了する人物像が描かれる. 人間の魅力や実在感を追求 激闘で汗をかき、濡れる素肌や髪の毛、衣服. 壁に打ち付けられ、地面に倒れ、汚れる体. 火照った体から立つ湯気や吐息. このような自然現象が、生身の人間が持つ本来の魅力や実在感を引き出す. 本作では、"鍛えられた筋肉やしなやかなボディ"、"肌のぬくもりや柔らかさ"などが直感的に感じられる、より人間らしい魅力を追求するという. 進化した"デンジャー" 高所からの落下、爆発する床、暴走車との激突など、"デンジャー"と呼ばれるステージギミックにより、他の格闘ゲームにはない駆け引きや爽快感が演出されてきた『DEAD OR ALIVE』. PlayS木田仁tatiougg 激安n EXTRA アー 本作ではこの"デンジャー"がさらに進化. バトル中に次々と発動する"ダイナミックアトラクション"は、まるでアクション映画のクライマックスシーンさながらの興奮を与えてくれる. 新必殺技"パワーブロー" 本作では新たな攻撃として、相手を任意の方向に吹っ飛ばすことができる新必殺技"パワーブロー"が追加. これを相手に決めることにより、意図的にダイナミックアトラクションを引き起こす展開に持ち込むことも可能になる.