【 更新情報 】

スポンサード リンク

ワインビネガーでダイエット

ワインビネガーを使ったダイエットは効き目があるでしょうか?
あまりワインビネガーを使ったダイエット法は紹介されていないようです。
でも、他の酢を使ったダイエット法はいろいろ紹介されていますし、そもそもダイエットに効き目があるのは酢に含まれている酢酸が、体内に摂取されるとクエン酸になり体のエネルギーサイクルを活性化させる働きがあるわけです。
酢を酸かったダイエット法では、黒酢ダイエットや、りんご酢ダイエット、最近特に注目されているバナナ酢ダイエットは有名ですね。
タレントの森久美子さんが、食事制限なしで100Kg切を成功させたとテレビで放送されていました。
それ以外にもしそ酢ダイエットなども注目されていたようです。
それぞれの酢を使ったダイエット法は、酢を摂取して新陳代謝を高め結果としてダイエットするという方法は共通のものです。
ワインビネガーもワインを原料にした酢ですので、他の酢と同様に体によい効果があると思います。
特に赤ワインから作ったワインビネガーはポリフェノールも含まれており、より健康志向が強いと思います。他の記事で紹介しているドレッシングレシピなどを参考にワインビネガーを使ったダイエットに取り組んでみてはいかがでしょう。

ワインビネガーの作り方

ワインビネガーを自宅で作ってみたいと思いたちました。ワインビネガーはワインが醗酵して酢になったものとの認識でした。自宅にあるワインも飲みそびれてしまったワインがあります。そんなに値段が高いものではないし、保存状態も悪いので、美味しく熟成しているとは思えません。
そこで思い出したのが、ワインビネガーです。バルサミコ酢は特殊な製法で熟成したものなので,真似出来ませんが ワインビネガーだったらピクルスやサラダドレッシングのときの本物の代用くらいにはなるんじゃないかと、いろいろ調べてみました。
結構簡単な方法がありましたので、紹介します。
赤ワインでも白ワインでも良いんですが、ワインと米酢を1:2の割合で、蓋付きのボトルに詰めて1週間弱保存するだけだそうです。
なんか拍子抜けするくらい簡単ですね。
この方法は、あくまで簡単レシピですので、本格的なワインビネガーには及びません。
でもそれなりに、白ワインで作るとまろやかな味になり、赤ワインで作ると酸味が出るそうです。
通常ワインには酸化防止剤が入っていますが、この酸化防止剤が入っていないワインがあれば本格的なワインビネガーを作ることが可能のようです。でも現実的じゃないですね。

ワインビネガーとバルサミコ酢

ワインビネガーもバルサミコ酢も同様にワインを原料とする酢ですが、原料が同じでもブドウの品種や製造方法が違っており、結果として用途も別のものとなっています。

バルサミコ酢は厳密にはワインではなくぶどう果汁を煮詰めて濃縮してから、木の樽に詰めて醗酵させたものです。水分の蒸発にあわせて、樽のサイズや材質(木の種類)を変えて熟成させるので、複雑な香りが生まれます。
バルサミコとは、イタリアのモデナ地区と、レッジョ地区で作られたものだけの称号で、それ以外の地区で作られたものは、バルサミコ酢とは呼ばれません。
ワインビネガーと違って、一般的には熟成期間が長く、より熟成期間が長いものほど高価なバルサミコ酢になっています。
一方ワインビネガーは、ワインに酵母を加えてアルコール発酵させて作った酢になります。
通常は、工業的に処理するので、熟成期間は短くなっていますし、価格も比較すると、安めになっています。
バルサミコ酢はクエン酸やアミノ酸は豊富で、活性酸素を除去して、老化や生活習慣病を予防する働きがあるポリフェノールが豊富なので、是非食生活に取り入れたいものです。

ワインビネガーで作る男のレシピその2

ワインビネガーで作るレシピその2は
まずサラダドレッシングをつくって見ましょう。
赤ワインのワインビネガーを使って、ワインビネガーとオリーブオイルの比率を2:1で混ぜ、塩コショウを加えれば完成です。
やはりサラダドレッシングが、日常の食生活では一番一般的ですね、スムーズにワインビネガーを利用できます。
そのままのサラダドレッシングでは味気ないので、たまねぎやりんごを摩り下ろすと、まろやかな味になりいい感じになります。
刺激が好きな人はにんにくをすって見てください。但しかなりスパイシーになりますので、刺激の弱い順にりんご、りんごとたまねぎ、たまねぎ、にんにくの順になりますので、刺激の好みで加減してみてください。

次にマリネはいかがですか?
白ワインのワインビネガーとマスタード、バージンオリーブオイルを3:1:2の割合で混ぜ、塩コショウを加えてから たまねぎのスライスと、生食用の魚貝類(面倒くさいときは刺身でOK)を入れて、半日くらい冷蔵庫で寝かせましょう。
刺激が弱い人はマスタードの量を減らしたり、場合によっては入れなくてもOKです。
ハーブ類を加えると、さらにマリネ風になりますね。

ワインビネガーで作る男のレシピ

ワインビネガーは普通日本人にはちょっとなじみが薄いですね。ワインビネガーという名前は知っていますし、ワインを原料にしている酢だと言うこと位は、一般知識としてわかっていますが、たとえば急にプレゼントされたりした等の時には、ワインビネガーをどのようにして料理に使ったらよいのが、判りませんね。

ワインビネガーを使った男の簡単料理を何点か紹介したいと思います。
あくまで簡単なものに限定していますので、より凝ったワインビネガーを使った料理に関しては、申し訳ありませんが、専門のサイトなりで調べてくださいね。

まず最初はピクルスを作って見ましょう。
材料は、ワインビネガー、オリーブオイルに砂糖や塩を加減していれたものを、沸騰寸前まで火にかけます。
冷ましたものを、きゅうりやにんじんなどの野菜、ハーブなどを入れた蓋付ビンに入れて冷蔵庫で、2,3日置けば自家製ピクルスの出来上がりです。先日もテレビで、国文太一さんがやっている男料理のコーナーで、ピクルスを作っていました。
にんじんなどが、硬いようなら事前に下茹でするといいようです。
ワインビネガーで作る自家製ピクルスなんて素敵ですね。
もしワインビネガーが彼氏からのプレゼントだったら、ピクルスにしてお返し・・・
なんて最高ですね。
P R
カテゴリアーカイブ