2010年を振り返る 

2011年03月07日(月) 23時03分
久しぶりの更新です。
今は、引っ越しして、相変わらず引き籠っています。

ガス抜きにブログを書きます。


2010年は、どうだったかなぁ。

一番大きな出来事は、叔母の死です。
その次に、義弟の誕生。
成人を迎えたこと。

それくらいしか振り返るようなことはないです。
その三つの出来事でずっと鬱です。


まず、叔母の死は、本当に突然の出来事でした。

叔母は、母の妹に当たる人物です。
祖父は私が小学生の時に亡くなっていて、母には妹しか姉妹が残っていなかったので、
本当に頼れる、少ない家族の一人でした。

警察から、祖母に連絡があり、祖母から実家に連絡がいきました。
母は出かけていたために、妹が対応し、私に連絡してくれました。
私は家で課題をやっていましたが、兄に連絡を取り、兄の指示に従い、ちゃんと確認がとれるまで待機になりました。
警察には祖母、母、兄が駆けつけ確認したそうです。

叔母は、一人暮らしの部屋で亡くなっていたそうです。
もともと胃腸の関係で病院に罹っていたそうですが、結局胃に穴があいてしまい、亡くなってしまいました。

誰にも看取られることもなく、亡くなってしまいました。

どうして、叔母が、 私みたいなクズなんかが生きていて。
そんな思いもあります。


それが、5月の上旬の出来事です。
その翌月に、腹違いの弟が産まれました。

父は『授かり婚』だといいます、本当のことはどうでもいいです。
ただ、必要とされて生まれてきたのは確かなことです。
母は、自分の子供ではないから、私が4人兄弟だというと顔をしかめるけど、
そんな人を心から信頼できるほど、私は大人じゃない。

私は、弟を認めないと、私の存在も認められないような気がして。
弟を否定する母は、私を否定しているような気がします。

そんな子どものまま、私は成人を迎えました。

お酒もたばこも全然だめで、コーヒーすらのめなくて、彼氏がいたのに処女で、
免許も持っていない、アイドルと特撮が大好きな引き籠もりニート

社会不適合者、

劣等感だらけで、笑われることもない、やる気が出ないまま一年が過ぎました。

会いたい気持ちを殺して、いつしか会いたい気持ちも芽生えない、かさついた心になってしまいました。

成人の同窓会 

2011年01月12日(水) 21時40分
2011年です。
放置していたので、2010年を振り返るのが遅くなってしまいました。
次の更新で書きたいと思います。

新年始まって、ずっと実家で過ごしてましたが、成人の日の10日から風邪をひいてしまい、
11日に悪化して病院に行ってきました。まだまだ引き籠っています。

今回は、同窓会の話です。

中学、高校両方の同窓会がありましたが、
私が出席したのは中学の方。約5年ぶりの再会です。

私は、一応、企画の段階からお手伝いをさせてもらっていて、
幹事の一人だったので、17時集合で受付を任されていました。
出席した人は受付で必ず私に会うわけです。
幹事の名前は連絡されてるのでみんな把握してると思われるのですが、
私はそのあとで話す男の子みんなに
「誰かわかんなかった」
「えっと、だれだっけ?」
とか言われまして、

女の子はみんなある程度成長してきれいになって素敵でしたが、
誰かわからないほど変わったとは、自分でもびっくり。
地味な化粧でお団子ヘアーだったのに、気付いてもらえなかった....

女の子は多少化粧しているとはいえ、みんな変わらず、可愛かったです。
振り袖も7人くらいいました、羨ましい。

男の子はみんなスーツで、全然変わらなくて、懐かしい感じでした。
始まる前から酔っぱらってる子もいて、羽目外しちゃってるなって。

乾杯は企画の中心である、生徒会長がしてくれ、滞りなくスタート

「イツメン」で固まってる女の子たちに混ぜてもらい、近況を聞きました。
そのあとは、卒業以来会ってなかったAさんとお話。

風邪で食欲がなく果物ばっかり食べてる私と、写真なんか撮ったり。

生徒会役員メンバー5人でほぼ初めての写真も。
これは懐かしいし、当時出来なかったことだから、すごく嬉しかったです。

途中、先生方からのビデオレターを流したんですが、
会場の外にいる人たちを誘導しようと思ったら、
当時、結構気になってた男の子がいて、つい話をしてしまいました。

会場の外でタバコを吸ってた3,4人の男の子が、輪に入れるようにしたかったので、声をかけました。
ですが、私が誰だか分からなくて、卒アルから私を当てるゲームに。
結局3人目で当ててもらえた!!

「顔が小さい子で、誰だ?」(彼らはすでに酔っています。)
「実際モテるでしょ?」(中学の時から失礼なやつだと思う...笑)

気になっていた男の子と1対1でお話はしませんでしたが、
私が卒業間際に本を貸して、返ってこなかったことを覚えていてくれました!!

「どうやって返せばいい?○○に渡しておくからバイト先に取りに行く?」
と気にかけてもらえてうれしかった。

彼は、カッコよく成長したと思います。輪郭もシュッとして。
ただただ、歯がヤニだらけでしたね。
場合によっては100年の恋も冷めるほど。

ビデオレターが終わったころに、会場の中へ戻って、先生からの伝言を伝えました。
中高一緒の友達と高校の話をしたり、酔っ払いに絡まれたり。

義弟が出来たことを報告するとびっくりされたり、
写真だけ見せて勘違いさせたり。

本当にあっという間でした。
全然足りなかった。

結局アドレスを交換することなく、一人終電で帰ってきました。
また、こまめに会えるといいな。
春休みにクラス会をしようとなあなあに決めたから何とかなるかなー



あと、ちょっとムカついたので、ここにだけ書かせてください。

同窓会の連絡は全部メールだけに頼って行っていたので、なかなか連絡が取れない人もいました。
それは、こちらのやり方が悪かったなあと反省しています。

しかし、そのなかで「なんで‘この俺’に連絡来ないわけ?」と言った男の子は、
中学時代にクラス委員や体育委員などして、みんなを引っ張っていくタイプでは決してなかったし、
誰と仲良かったのか憶えていない印象の薄い子でした。

しかも、その男の子は酔っぱらって女の子に絡んでくるし、
周りの友達もそれを止めずに煙たそうにしていました。
ついには「俺、アドレス交換しにここに来てるんだ」と友達に漏らしていました。

私は、そのような人のために出会いの場を提供するために3カ月もお手伝いしてきた訳ではありません。
幹事の中心となって進めてくれた女の子は、先生やホテルに何回も連絡して、学校に足を運んで準備してくれたのは、
素敵な会にしたかったからです。
酔っぱらって絡んだりして、周りに迷惑かけるような人はちょっとムカつきました。




私は成人しましたが、まだまだ大人になりきれない部分がたくさんあります。
このブログはそんな私の本音の吐き出して、今年も続けていくつもりです。

自分探し 

2010年10月28日(木) 23時28分
守ってくれるんじゃなかったの?
私のこと裏切るの?
て、逆睫毛に対して思ってしまいました。

今はとっても人間不信です。

私はどんな人間なんだろうか、
どんな人間になりたいだろうか、

この二つをぐるぐると考えています。

その日の反省をして凄く自己嫌悪になっていて、
「どうして我慢できずに口に出してしまったんだろう」と
後悔しながらも、
自分の気持ちを素直に表せない人に対して、自分に対してイライラしている。

後先考えずに我慢できずに口に出してしまう、
結果を見越したうえでも自分が指摘したことへの責任、
素直に表現できない自分の不器用さ、

色々な葛藤で、自分なりの妥協点を探しています。


「妥協」の言葉をつかう時に必ず思い出すことがあって、
母親に「あんたは潔癖症だから」
と言い放たれたあの瞬間。

きれい好きとかではなく、精神的な潔癖症。
自分ではちっともそんな風に考えてみたことないけど、
その通りだなって思いました。
また、案外人はそういう風に見ているんだなとも思ったのです。

私は、自分の家庭はさびしいものだと思っていて、
親から甘やかされた記憶なんて数えきれるくらいしかなくて、
それを嘆くことは失礼かもしれない、でも比べるものでもないから、
だから私は、自分のことをずっと可哀想な人だと思っていて。

あの瞬間は、こんな人が親らしいことを言うもんだと驚いたし、うれしかったし、もう満足で死にたかった。

そういういきさつがあって、私の思考回路では、妥協することは自殺願望に直結してしまう。
思い描いている自己が実現出来たら、人生を全うしたんだからきれいに死んでしまいたい。
死んでしまえると思うと妥協できる、そんな割り切り方しかできません。


毎日、いいことも悪いことも同じ分あって、
他人のいいところも悪いところもそれぞれ同じ分あって、
すべてがプラスマイナスゼロだと思うようになってきました。
明日は幸せとか、いつか幸せとか、そうではないから、いつ死んでも一緒だなと思えてしまう。

死にたい私は、私が死んだら悲しむという人がそばにいてほしくて、安心したくて、甘えている。
私もその気持ちがとてもよくわかるから、置いていかないでって思う大切な人がいるから。

自分が見つからないのは人との関わりを面倒がって避けているからなのかな。

失恋の矛先 

2010年10月21日(木) 21時50分
同窓会の準備で実家に帰省していたために更新が滞りました。
実家は近くに牧場があるような田舎で、ほこりっぽかったので風邪をひきました。

本題。
私は、8ヶ月くらい付き合っていた人がいたんですが、二十歳になるひと月前に別れました。
別れたのは私の意思で、理由はほんとうに諸々あります。
でも、その理由を伝えてどうなるのか分からないし、いいあいにもなりたくなかったので、理由は言いませんでした。
共通の友達にも、「こういうところは許せなかったんだよね」程度に愚痴ってしまいましたが、本当の理由はいっていません。

それが、悪い方向に働いてしまいました。
私は彼に課題を手伝ってもらったりしていたのですが、彼やその周りの人は「私が彼を利用していた」と考えているようなのです。
だから、「ほんとうに好きだったの?」と聞かれてしまいました。
すごくショックで、同時に人間不信になりました。

私も悪かったと、もちろん思いますが、「本当に好きだったか?」とか聞かれる謂われはありません。
むしろ、私の方が訊きたかったし、そんなことを聞く友人たちにも同じことを問いたい。
相手を振ってしまった今となっては好きという気持ちはないけど、過去は違います。
私がどんな人間かというのを分かってくれていないと知ってしまって、正直これからの付き合い方を考えてしまう。

私は、素直な人が好きだから、自分も素直に生きたいと思っています。
自分を偽って生きる労力も無駄だなと思います。
確かに、嫌なことを我慢することはあっても、正直に生きてると思っています。
だから、好きじゃないのに好きだと偽っていたと思われたのが何よりも心外でした。
私はそういう評価を受けているんだと思いました。
そう思ってる人を許せるほど大人ではないし、不快な気持を偽ることもできません。
だから、そんな人と付き合っていけないと思ってしまう。

人を許せるような大人に早くなりたい。

出会いのために 

2010年10月10日(日) 6時28分
すっかり、3週坊主になりかけていました。
今日、更新したらきっとセーフ。

最近、ここ3、4日は出会い系からのメールが頻繁に来ます。
普段はほとんど鳴らない携帯が、昼夜を問わず鳴っているような状態です。

登録した憶えはもちろんありませんが、性別が分かっているのはどうしてなのか不思議に思います。

メールアドレスの変更も考えていますが、一方的に私のアドレスを知ってくださる同級生や先輩方がいるので、
変えてしまうと連絡手段がなくなりそうで。
それにサイトの登録やメ―リスなども非常に面倒な事態になりそうなので、

結局は言い訳ですね。

今日は、非常に変換が馬鹿になっているのでイライラします。
出会い系のメールのせいでここ最近は非常に短気になっています。

出会い系の相手の文句が非常に洗練されているなぁと、感心していて、
正直なところ、お話してみたい気持ちもあります。
今のところはすべてのメールを無視しているので、

「どうしても半信半疑みたいだね、どうして私なのとか思ってるんじゃないかな。」

などといった、的を射たことを書くメールが来ると、ついついアクセスしてしまいそうになります。

誰か素敵な相手がいたら、こんなことで患ったりしないのでしょう。
I am...
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホワイトウィングス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:
読者になる
立往生。
私の居場所ってどこなんだろう。
最新コメント
アイコン画像MYF
» 自分探し (2010年11月28日)
アイコン画像瑠華
» 記念日 (2007年10月12日)
アイコン画像瑠華
» バエ、よく頑張りました!! (2007年09月03日)
アイコン画像瑠華
» 劇場版仮面ライダー電王 (2007年08月09日)
Yapme!一覧
読者になる