☆〜バスチューユ周辺 

February 23 [Sat], 2008, 0:26
パリに行く前から ストと聞いてたけど 矢張りフランスは労働者の組合が強い事を此処に来て思い知らされる事になりました 一晩だけのバスチューユ 何処を撮っても パリはパリ これから 徐々にお伝えいたします 苦難や失敗乗り越え つたない フランス語を駆使して 少しだけ染まってきました。(結局プロバンス便は欠航 明日の指定の切符を取る為2時間待ちで国鉄TJVの切符を買い 此処でホテルも予約を入れてもらった)










hotelの窓からこんなかたちで撮った夜の風景 バスタブから見た外 本人割とお気に入りですが・・・?!














夜のバスチューム広場 やっと来たと実感 パリの町はこれから 秋のバカンス 人影も車もまばら 9:00頃だったか 余り賑やかさはなかったが こんなものなのかな?


 

ここでバスチューユの説明
【バスチューユ広場】

バスチューユ広場といえば、1789年7月14日、ここにあった監獄が襲撃されて、あのフランス革命の端緒となったことで知られている。今では、1841年に7月の円柱が建てられ、1989年にはオペラ・バスティーユ7月革命のシンボル的柱











パリのマルシェ中にはお菓子 飲み物 食材 コンビニを小さくした少々小さなお店・・・(コンビニはフランスには無いのです!!)美味しい板チョコもあり果物も新鮮 ストライプ模様を上手に使って 色やデザイン 見せ方が上手い!













この日はカフェに余り人が居ませんでした 軽井沢の温度に良く似てて寒い。












hotel 入り口 こんな感じで夜が更けてこの日ストで行けなかったプロバンスに想いを馳せて(消灯)・・・・雰囲気が伝わったかな???・・・次はエクサン・プロバンス行き

クレーム 

February 15 [Fri], 2008, 1:41
今年の4月にオートバックスさんからの入庫の車検をした、ミニカが後ろから変な音がする。と言うので引き取りに行きました。
どうもリヤドラムのハブベアリングの音のようです。前回の車検の記録簿とうちのコンピューターを見ると、前回の車検時にハブのベアリングを左右とも新品交換しています。
それから、約4000キロ走行しています。

そう言えば、ミツビシはハブの締め付けトルクがシビアと言うか良くわからないので、ディーラーに電話でよく聞きます。
この車もたしか、聞いた記憶があります。私のメモに14kで締め付けた記録があります。
その時はたしかに、ハブにしてはトルクが強い感じを受けた記憶があります。
で、再度、ディーラーに電話確認すると、なんと8kでした。
そりゃ、壊れて当たり前ですね。
勿論、ベアリングを再度新品交換。勿論、無料です。

そういえば、以前も同僚がシリンダーヘッドの締め付けトルクを聞いて締め付けたら、ヘッドボルトが折れて困ったことがあったそうです。

町工場の弱いところですね。聞く立場なので、うそ教えられて壊れても文句言えませんから。

まあ、トルク聞くのはミツビシだけですけど。トヨタ、日産、スバル、スズキ、ダイハツ、ホンダ、アメ車、欧州車は全て知っていますし、それほど、シビアではないですから。

まぢめに、、、 

February 07 [Thu], 2008, 0:48
まぢめにやばいよ、、、、


テスト帰ってきたよoまきわいらないよーって言ったんだけどむリだったね


まぢめにやばかったよあんな点数はじめてだよ↓


本気しょっくなの、、、、、


もしかしたらPCできる時間減るかも


数学と理科なんてこの世にいらないよおおおお

ダメ人間ってのは 

January 20 [Sun], 2008, 16:17
ダメ人間ってのは


ダメ人間ってことを自分で気づいていながら


頭ではそこから脱出しなきゃって思ってるんだけど


その努力をすることができないから


やっぱりダメ人間なんだよな


そんで『やっぱ、自分はダメ人間なんだ〜』って思う


そりゃそうだって〜の!

君は微笑んでいた・・・・ 

January 12 [Sat], 2008, 4:12
一人の男性は一人の女性を愛していた

女性もその男性を愛していた・・・

しかし、その女性は記憶を失ってしまった・・・・

どれだけ思い出話をしても女性は記憶を思い出さない

そこからずーっと年月が経ち男性は、他の女性を愛していた

そして記憶を失った女性は死んでしまった・・・

記憶を失った女性は死ぬ前に微笑みながらこう言ったらしい「いままで愛してくれありがとうね・・・・」


「優しく君は微笑んでいた・・・・」終わり


こんばんわ!!!!

どうもシューゴ(よいち)です!!!

ちょっと短いお話を書いてみました・・・

まぁ短かすぎるね・・・・

にしても〜〜〜もうすぐでテストだぁ〜〜〜

テスト前日に隕石が学校に直撃して学校つぶれないかなぁ〜〜〜

まぁ無理か・・・・

じゃテスト勉強するんでお話は終わり〜〜!!

ではサラバ!!!!

「これで主人の肉体が…」若尾文子、黒川氏の葬儀でポツリ 

December 29 [Sat], 2007, 16:27
12日に心不全で亡くなった建築家、黒川紀章さん(享年73)の葬儀が14日、東京都港区の梅窓院で営まれた。妻で女優の若尾文子(73)は「建築家としての黒川を心の中にとどめて欲しい」と参列者を前にあいさつ。前日の通夜と同様、喪主として気丈に振る舞ったが、斎場では「これで主人の肉体が無くなっちゃう…」と寂しそうに漏らしていた。





黒川紀章氏
 14日午後2時からの葬儀には、親族や黒川氏の設計事務所関係者らが参列。密葬の形だったため弔問者は限定されたが、教え子らも駆け付け約200人にのぼった。

 親族では若尾のほか黒川さんの実弟で建築家の黒川雅之氏(70)、雅之氏の妻でテレビのコメンテーターとしても知られるコーディネーター、加藤タキさん(62)、黒川さんと前妻との間の長女と長男、黒川さんには孫にあたる長女の息子らが参列した。

 葬儀はごくシンプルな形式。棺の中にも思い出の品などは入れず、菊などの花を敷きつめた。

 若尾は「建築家としての黒川を、皆さんの心の中にとどめておいていただきたい。それを本人も望んでいることでしょう」と短くあいさつ。落ち着いて、はっきりした口調だったという。

 一方、「若尾さんはだいぶやつれた感じだった。グチャグチャのチリ紙を持って、常に涙ぐんでいる様子だった」という女性参列者も。人前では泣き崩れないよう、懸命にこらえていた様子がうかがえる。

 自宅を出る際、車内から報道陣に「夜1人になると…とっても何かねえ、さみしいです」と思わず吐露した若尾。葬儀の後、品川区の桐ヶ谷斎場で荼毘(だび)に付されたが、斎場でも本紙記者らに「これで主人の肉体が無くなっちゃうのよね。寂しいわねえ…」と涙目で漏らしていた。

 「肉体」とともに、黒川さんが今年政治活動のために設立し党首となった政治団体「共生新党」も解党となる可能性が強い。参院選では自身や若尾を含む10人を擁立。次期衆院選に臨む意向も示していたが、関係者によると黒川さん1人が仕切っていたため事実上の自然消滅となりそうだ。

 遺骨は同じ梅窓院で、黒川さんが若尾のために10年前に購入したという墓に納められる。



★加藤タキさん「早過ぎる」

 取材に応じた加藤さんは「73歳とは早すぎる。まだまだ活躍してほしかった」と義兄の死を惜しんだ。黒川さんの死は若尾と、前妻との間の子2人が看取ったとして「きょうも3人が一緒に見送った。何て幸せな人生だったんだろう」とつぶやいた。

 若尾は加藤さんに「今は緊張しているから大丈夫だけど、日にちが経つと空間や物が思い出だから寂しくなるだろう」と語ったという。加藤さんは「棺に物は入れなかったが、文子お姉さまの愛をお入れになったのでは」と話していた。

すいませんねぇ 

December 15 [Sat], 2007, 17:14
7日から学校行事で東京行ってて更新できませんでしたわ。

ごめんなさい。

明日からがんばって更新するようにするのでこれからもよろしくおねがいします

木曜日。 

December 08 [Sat], 2007, 14:22
今日も亀田一家のことが、ニュースで流れていた。
亀田が謝罪したこと。

父親が小さい声でボソボソと。
息子は2分間で退席。案の定、髪の毛は、坊主頭。
なんか、シナリオが最初からみえていた。

あんなの謝罪会見でもなんでもない。
本人の口から謝罪を述べなきゃ。いままで、あれだけ、ホラふいて
きたのだから。

都合の悪いときだけ、未成年者になるんじゃないの。
プロのボクサーで、ボクシングの件で話が進んでいるんだから。


昨日は、実家で新そばを食べた。おいしかった。
明日は、飲み会。
土曜日は、少し早めのタイヤ交換、ワイパー交換。
病院の回数が減って、金曜日、土曜日がオフになったせいで、
ずいぶん、身体が楽になった。

27日には、6時間待ちのメンタルに通院なんだけど。
かかりつけ医だからしょうがない。

こんな感じで、今日も一日です。

プリン 

December 03 [Mon], 2007, 19:53
こちらのぷりん『黄金比率(おいしいバランス)プリン』は、
ナムコ「プリン博覧会」で人気のなめらかなプリン
6品を大研究してできたプリンとのこと。

この値段でこの滑らかさはスゴイです!

138円

寝台列車で寝ずの旅 

November 29 [Thu], 2007, 9:47
北九州で最後の食事は、期待はずれの「割子そば」でした。
その数時間後、小倉駅から京都行きの寝台特急「なは」に乗車。

ナント、ぼろぼろ車両。
乗客は同じ車両に私を含めてたった3名。
隣の車両も2〜3名。
閑古鳥状態。

ボロいし、狭いし、途中駅を発車するたびに「グァッチャ〜ン!」と激しい衝撃が走る。
睡眠不足のはずなのに、ほとんど寝れずに京都に到着。
朝から、も〜クタクタ。

もう寝台列車なんてこりごり。
「割子そば」と「なは」・・・高い勉強代だったなあ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:waenhi827
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年10月08日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年09月28日)
アイコン画像MASA
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年09月16日)
アイコン画像名前
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年08月03日)
アイコン画像康之
» ☆〜バスチューユ周辺 (2008年02月24日)
アイコン画像たむら
» ダメ人間ってのは (2008年01月31日)
Yapme!一覧
読者になる