奥野のシンタくん日記

April 17 [Sun], 2016, 21:40
大人でもお子様でもほとんどの人は、毎日朝と夜、磨く人はお昼も市販のハミガキ粉で歯を磨くはずです。しかし、たいていは、虫歯がなくなることはありません。これっておかしいですよね。ママさんも子供の頃から毎日続けてきた習慣だから、まさか間違っているかも?なんて思いませんよね。嫌な虫歯がお子様にうつってしまうと、お子様はもちろん痛くて泣かないといけないハメに、夜に痛み出すと一晩大変な騒ぎになります。時間を作って歯医者さんに連れて行き、でも治療は何回かかかるので、何度も通う必要があり、相当大変です。お仕事しているママさんだと、さらに大変ですね。ニュージーランドで発見された虫歯菌除去用成分「BLIS M18」は、たった1本虫歯が見つかっても、ミースタンス菌という虫歯の原因菌を予防し、お口の環境を整備してくれる話題の成分なんです。『BLIS M18』を産まれながらに保有している子供は、全体のたった2%しか存在しないとわかりました。どなたにとっても永久歯って一生ものですよね。一度失われてしまったら、もう二度と生えることはないのです。例えば、お子様の大切な永久歯を、1回にかかる費用が50円で守る事が出来る歯磨き粉があるとしたら、魅力を感じませんか?1日1本、自販機で買っていたお茶を自宅で沸かしたお茶に変えるだけで、お子様の虫歯予防が出来るとしたら、当たり前に使いますよね。小さなお子様を怖い歯医者さんに連れて行くには、忙しいなか必死で時間を作り、嫌がる子供をなだめすかして無理矢理連れて行ったり、さらに病院で長時間待たされて、本当に泣きたくなるほど疲れますよね。昨今ではそれは周知の事実であり、絶対に虫歯には気を付けようと、数か月に一度くらいの頻度で歯医者さんでフッ素塗布してもらったり、磨き残しや歯石除去などのケアをしますが、それでも頻繁に小さな虫歯が出来てしまいます。仕上げ磨きも気をつけて、歯医者さんでケアもしてもらっている、でも虫歯が出来てしまう。こんな状況に悩んでいるママさんは星の数ほどいるようです。市販のハミガキ粉は、虫歯菌を100%除去できないわりに、本来虫歯と闘える正義の味方の菌まで殺菌してしまうんです。泡がブクブクなると気分的に歯磨きできたような気になるんですが、その泡は発泡剤という泡の成分であり、その成分の効果なわけで、口内環境そのものが完全に掃除できた証しではないのです。絶対に虫歯にならないために大切なお子様の虫歯予防は、普通に売られているハミガキ粉で殺菌するという考え方よりも、口の中の環境を虫歯になりにくい環境にする!という考え方がいちばん重要です。入念に歯磨きしているつもりだし、ハミガキ粉も普通に使っているし、何が悪いんだろう?と悩んでしまいますよね。ご主人やお義母さんから「こんなに小さいのにもう虫歯?」「かわいそうに」なんて言われたら、自分を責めてしまい、「あなただって親なんだから!」「磨いてても虫歯になる事だってあるよ!」ってそんなつもりはなくてもイライラして泣きたくなりますよね。思ってることはたくさんあるのに言えないまま、悲しい現実に向かい合い、具体的に治療に通うしかありません。虫歯予防成分「BLIS M18」という成分は、殺菌剤や熱にとても弱い唾液連鎖球菌の仲間。虫歯菌の餌であり増殖する起因になる歯垢も除去してくれるのです。しかし、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤などを使うことで、、『BLIS M18」菌は、全滅します。ですから『BLSI M18』菌を生きてお口に届けるためには、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤などは全く使われていないハミガキ粉を使う必要があります。市販のものとは一線を引いたこだわりの歯磨き粉は、成長期のお子様が口にするもので、高品質で安心・安全の国内製造なんです。子供たちに安心な安全なものをご提供するために、衛生面でも品質面でも徹底管理された国内工場においてひとつひとつ厳重にチェックし、完璧な製造工程でお客様のお手元へお届けしています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲平
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/waeetchlsoftas/index1_0.rdf