ランチュウの岡本健一

April 25 [Tue], 2017, 19:36
知っての通り、ニキビと食生活は密接に関連しています。



食生活に気をつければニキビのケアにもなります。
ご飯は野菜をまんなかにしたメニューにして、できるだけビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。

食物繊維が多くふくまれる野菜は、便秘解消という観点でも、ニキビには効果があります。



乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、ちょっとの皮脂でさえもすぐに目詰まりします。
乾燥肌はオイリー肌と同じでニキビが発生しやすい状態なのです。
肌の防御システムの機能が低下していますので、外部刺激に対して脆く、肌トラブルを起こしやすい環境でもあります。肌トラブルを避けるためにも、まずは乾燥肌を改善することが望まれます。

整ったキメの小さな肌は女性が最も憧れる対象でしょう。キレイな肌を持ち続けるためには、一番大切なことは保湿です。
しっかり潤いを持ち続けている肌はハリのある肌はトラブルにも強いです。そして意外と知られていない保湿に必要なものが、日差しから肌を守ることです。



紫外線は乾燥の原因になりますので、ケアを適切に行う事が大切です。低下が保水力において起きてくると肌がトラブルに見舞われる怖れが大聞くなってくるので、気をつけるようお願いします。
では、保水力改善のためには、どうしたお肌のお手入れをお奨めできるのでしょうか?効果的に保水力を上げるスキンケアの方法は、血行を良くするスキンケア用品に美容成分をたくさん含んだものを使用する、洗顔のときにはその方法に注意する、の3つです。先日、毛穴の黒ずみ対策として、洗顔クレンジングを変えてみました。
地中海の泥を使用したクレンジングで、これでマッサージを優しく行いながら洗うと、毛穴に詰まった汚れがしっかり取れるそうです。
しばらくつかっているうちに、目立っていた黒ずみが気にならなくなってきました。でも、なるべくなら早めにイチゴ毛穴をなくしたいと思います。
近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンの分泌の乱れが関係しています。
ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれるとすぐに乱れを生じてしまうと耳にします。
また、中でも生理前は女性ホルモンに大きな乱れを生じさせます。ニキビに悩まされる女性が増えるのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きていますのです。



ニキビというのは、10代の若い子立ちや学生立ちが使う言葉で、20歳からはニキビという言葉は使わないなんていう話をよく聴きます。



先日、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、から変れました。ヨーグルトがニキビには良くないと言ったり、逆に良いとされていますが、こういった情報の真偽は明らかではございません。一つの食品だけにこだわるのではなく、常に栄養バランスの取れたご飯を心がけるよういにしていれば、ニキビ予防へとつながると思っています。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる