博士カ。

October 07 [Sun], 2012, 1:39
博士カの中間審査カ提出締切が近づいている。
久しぶりのプレッシャー。
提出日前ギリギリなのに、何度見直してみても、納得のいくものはまだ書けない。
自分の弱唐ホかり目について、このまま書けないんじゃないか変なプレッシャーが襲う。
でも、限られた時間の中で、どこまで出来るかは、自分しだい。
最後まで、やれるだけやろう。
それに、最後まで、自分くらいは自分自身を信じてあげないと。
ここに来るまで、私は人より何年も遅れてる。
いつしか後輩は、博士号を取得して助教になり、自分のいる大学院の先生になった。
同期はもうとっくに、別の大学の講師として働いている。
何度、あきらめようと思っただろう。
何度、自分には向いていないと思っただろう。
でも、博士号を目指すことは、私にとってゴールではなく、まず、自分の夢にチャレンジする通過唐ニして必要なもの。
誰かの受け売りなんかじゃなくて、自分の見てきたものを、ちゃんと自分の言葉で伝えられるようになりたい。
ここまで来れたのだから、あとちょっと、頑張っ出張ホストてみよう。
これでメだったら、あきらめようと、3月で仕事をすっぱり辞めて、30代にして非常勤という不安定な立場を選び、カ執筆の道を選んだ。
でも、仕事を辞めてから、体調を崩して、カ執筆には満足に時間を割けなかった。
この半年を振り返ると、少し苦しい。
昔も、本当は留学がしたかった。
大学院から、留学するつもりでいた。
でも、家族が突然事故に巻き込まれたり、体調を崩したり。
介護が必要になったり。
自分の夢だけを追い続けることは、出来なかった。
人生、うまくいくことばかりではない。
家族の問題とか、自分自身の体調とか、いつ、何が起こるかなんてわからない。
でも、今、私はこうして、日本では夢を追うことができ、たくさんの人たちと出会い、支えられ、生きている。
そして、自分のやりたいことに向かえている。
だから、留学できなかったことも、人より時間がかかっていることも、後悔はしていない。
留学だって、これからすることも出来るのだから。
カの方は、時間はかかっても、あと少しのところまで来ている。
結果はどうなるかわからない。
でも、ただ、あきらめたくはない。
ギリギリまで、最善を尽くしたい。
結果はどうあれ、少しでも、自分の満足のいく道に、歩みだせますように。
ただただ、あきらめない。
それがたとえ思い込みであっても、自分ならできると、信じよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wa5qz3rkqp
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wa5qz3rkqp/index1_0.rdf