ヘアメイクの仕事について

November 23 [Mon], 2015, 8:23
ヘアメイクのプロは、お客さんと接する機会が多いため、髪形にも注意しておきましょう。
ヘアメイクのプロとして、お客さんからどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。

また、ヘアサロンによっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを理解しておきましょう。
仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、別段、ヘアメイクのプロが仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。



でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。

そういうヘアメイクのプロの仕事を続けていると、それなりに美容についても学んできて、詳しくもなりますから、お客さんの身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。ヘアメイクのプロがどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、世間一般では好意的な印象を与える仕事であると思います。
ただ、ヘアメイクのプロの現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いているヘアメイクのプロというのも少なからず存在しているのです。


良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、現実問題としてヘアメイクのプロの働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。大変な激務と世間一般に認識されているヘアメイクのプロというお仕事の、その中身を少し見てみます。
中でも髪棟勤務ともなると、症状の重いお客さんさんを受け持つこともあるのですが、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、食事の介助など、身動きの難しいお客さんさんのお手伝いも担当ヘアメイク士が任されます。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。


ヘアサロンでヘアメイクのプロとして働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。
調べてみると、 ヘアメイク のプロ国家試験の合格率は90%前後となっています。

実際の試験の内容も、今までの授業で普通に勉強していた人だったら難なく合格できるものですから、それほど取得が難関な資格という訳でもないようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w94klsf
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w94klsf/index1_0.rdf