大阪都【天国】構想は、橋下のハシゴ。大阪都という【天国】の中身は誰も知らない。橋下も知らない。身も凍る天国が待っている。

November 30 [Wed], 2011, 18:04
大阪都構想実現へ国政進出も橋下へ投票したのは都天国構想に騙された猿だけ。
1大阪都天国構想は、橋下のハシゴ大阪都という天国の中身は誰も知らない。
橋下も知らない。
身も凍る天国が待っている。
この世に、天国も極楽浄土もない。
都は天国ですよ都は神の国ですよ橋下はこういっているだけ。
誰も天国がどんなものか知らない。
天国といわれて、騙されて、猿に逆進化の馬鹿が投票しただけ。
天国だの神の国だのと誘うやは、昔から、ペテン師と相場が決まっている。
ペテンで引っ掛けて、民意だとは、とんでもないペテンだ。
民主主義は、こうしたペテン商売人に騙されて独裁者を生まないシステム。
一度や二度のペテンで引っ掛けて、民意とはおこがましい。
天国を売るなら、天国を説明しなければならない。
天国へどうぞ、天国へどうぞ、これだけ言って民意笑わせてはいけない、このペテン野郎2二重行政とは何だ。
二重行政をなくすとは、一体家出のなんぼのものなのか府の水道局と、大阪市の水道局と一にまとめることで、一体何円、儲かるのか。
円も儲かりはしない。
一体何円、節約できるのか。
職員の首を何人きるのか。
二重だからといって、半分になるわけではない。
大阪市職員の仕事を、府職員に身分を変えて続行し、大阪市の施設を府の施設に名前を変えて続行する。
それだけだ。
浄水場のタンクが半分になるわけではない。
水を要求する人口が減るわけではないのだ。
一元化する給水プールに作り変え、一元化する送水施設に作り変える莫大な無駄な費用だ。
二重行政ってなんだ。
一元化しても、人の数は、減らせないのだ。
一人分の仕事を倍にしない限り。
たとえ減らしても、仕事の量も、人数も、大して変わりはしない。
2大阪天国構想で、失うものはなにか失うものは、各市の自治権。
これは重大なことなのだ。
たとえば、ここに焼却場をるるぞと、知事が言えば、だれも、拒否できない。
ここに、放射性廃棄物を埋めるぞと言えばだれも、拒否できない。
江東区を見よ沖縄とくらべてみよここに基地を持ってくるぞといえば誰も反対できない。
ここに原発もって来るぞといえば誰も反対できない。
市に自治権があればこそ、だめだ、ここに作るなと、府に対抗できる。
沖縄を見よ。
自治権のたまものなのだ。
全権を握ったに等しい、大阪維新の会により、煮るなと焼くなと好きにして頂戴、というまったく、奴隷、アホ、馬鹿、猿に逆進化した、まさに、猿になったような、意思決定能力の放棄。
考える能力も、府や知事に対する逆社会統制する手段も放棄した、最低の市民、府民。
これが、橋下の天国構想にまんまと騙された、大阪の実態だ。
3さらに大きな代償を大阪は支払う。
人間の思想信条の自由の放棄。
もう、人間でなくていいんだ、ということだ公務員が身分保障されているのがうらやましい、だから、あいらを、奴隷にしてしまえ。
人間としての、思想の自由も、信条の自由も、良心の自由も剥奪してしまえ。
これでは、市民の思想信条の自由も、良心の自由も剥奪されていくのだ。
たとえば、子供らは、橋下の極右教科書と極右教師に濃縮された教育で育。
子供らの、基本的人権も、思想信条の自由も、良心の自由もゆがめられ、剥奪される。
まっとうな良心をも教師は、辞めさせられる。
血塗られた君が代日の丸にひざまずかせる条例、知事の思想信条に反したら辞めさせる条例、は、知事をロボットにしている、大親分、橋下には天国だろうが、そこに暮らす人々は、天国と言えるのか。
条例実行のための人事監察委員会の設置するまさに、ナチスの教育警察機構の設立、職員監視警察機構の設立、密告政治のスタート。
知事が公立学校の教育目標を決める目標実現の責務を果たさない教育委員は知事が罷免できる知事が代わるたびに、ころころ、変わる。
民主主義から、極右の教育へ。
極右から民主主義の教育へ極右独裁知事の思想に反する教師は、生活権を剥奪し、首教員をSABCDの5段階で相対評価し、2年連続Dとなった教員は分限処分の対象となり、すなわち、教育警察、密告、校長を使い、独裁知事のゲシュタポ組織で固めて、極右独裁知事の思想に反する教師は、生活権を剥奪し、首。
独裁知事が辞めても、生活権を奪われ、追われて去った教師は、棚から商品を取り出すように元に戻すことなどできない。
部品じゃないんだ。
必ず5は最低のDランクにし、ゲシュタポ、密告の、恐怖政治で、なにがなんでも独裁極右知事の言うことを聞かそうとしている。
教育の現場に政治介入。
地方自治体幹部、校長副校長の公募し、ナチス橋下のようなのが校長として君臨し、とんでもないナチス教育を始める。
知事が辞めても、この撒き散らした極右遺産は活動し続ける。
独裁知事が持って立ち去るわけじゃない。
校長に人事権、教科書決定権を与え、ナチス橋下のようなのが校長として君臨し、とんでもないナチス教育で埋め尽くせる定員割れが続く府立高校の統廃合効率第一主義の、恐るべきナチスぶり5回の職務命令違反、および同一命令違反3回で職員、教職員の免職ナチス橋下の評価基準で次々に首教員をすべて極右で埋め尽くすことになる条例を月に大阪は府議会で、単独過半数をしめる大阪維新の会が採決する。
これらは、都天国構想でっておいて、都天国にならなくても、ただちに条例化して、実施に向かうのだ。
4いったい、大阪都天国構想で、だれが、得をするのか絶大な権限を持、知事と、その取り巻きが得をする。
独占金融資本は、ことに笑いが止まらない。
副都心の兆円利権。
ここに、金融独占資本は群がる。
その金融資本を注入され、金融資本を回転させる企業が富を持っていく。
箱物を作り、インフラだとわめき、その実、円高、TPPで疲弊した経済とは無縁の税金を巣食うハイエナだけが肥え太る。
食い尽くす。
権限は知事が一手に握っている。
橋下の子分が知事だ。
すでに、橋下は知事時代に、胡散臭い入札を、私はしらなかったと言い逃れしている。
橋下前知事パー券あっせん者の会社6億超の府事業受注大阪市長選挙に立候補を表明している前大阪府知事の橋下徹氏の政治資金パーティーで、多額のパーティー券購入をあっせんした知人が役員を務める建設会社が、パーティー後に次々と府の公共事業を受注していることが4日、本紙の調べで明らかになりました。
橋下氏をめぐっては、以前にもパーティー券を買った親族の関係する建設企業グループが府公共事業受注を急増させ、府議会で日本共産党府議団に追及されています。
橋下氏は2008年1月の府知事選で初当選。
大阪府選管に提出された政治資金収支報告書によると政治団体橋下徹後援会は、同年6月16日に政治資金パーティー橋下徹知事と府政改革を考える会を開催。
1819万円を集めています。
パーティー収入の1割にあたる180万円のパーティー券購入をあっせんしたのが喜捨建設株式会社本店大阪市東淀川区の代表取締役を務めていた男性です。
同社は、08年9月に府道工事を2億4870万円で受注し、同年10月にも防潮堤工事を2億4900万円で請け負っています。
さらに09年にもダム関連工事など3件を獲得し、5件総額6億7784万円の府公共事業を受注しました。
同社は、05、06年にもそれぞれ1件ず府公共工事を受注している実績のある企業。
本来、あっせんは避けるべき対象です。
受注実態も不自然です。
08年受注の2件は一般競争入札ですが、工事の品質確保などのために府が定める低入札価格調査基準価格入札前非公表とまったく同額で落札。
09年のダム関連工事では、同社が提示した額が、低入札価格調査基準価格を下回っているにもかかわらず落札しました。
本紙の取材に橋下徹後援会担当者は、あっせん販売をしてもらった時点では、府の事業を受注しているとは知らなかった。
その後は連絡をとっていないと回答しました。
あっせん政治資金を集めるパーティーを主催する政治団体に代わって、パーティー券の販売と集金を行うこと。
パーティー券の購入額には150万円までの上限がありますが、あっせん額には上限がありません。
あっせん額が20万円を超えると、あっせん者の名前とあっせん額を政治資金収支報告書に記載しなければなりません。
あっせん者は、購入してもらった人や額の内訳を記した明細書を政治団体に提出する必要がありますが、明細書は原則非公開です。
いうまでもなく、受託収賄というのは犯罪。
今後、副都心兆円の利権の行く末も、推して知るべし。
5都天国構想で、大阪府民の経済は、魔法のようによみがえるのか箱物作っても、モレール作っても、大手ゼネコン建設会社が儲かるだけ。
一時的に。
輸出産業も、景気も、上向きはしない。
円高を円安にする頭など、あのポンコツ弁護士にも、ペテン維新の会にもない。
輸出至上主義で、ロボット人間増産を訴える橋下に、日本の経済を変える能力のかけらもない。
どこが天国だ。
地獄だけだ。
6すると橋下はこう訴える。
国政に維新の会を送り出さないから、政治が良くならない。
国政に送り出してもらったら、霞ヶ関から、州に、権限を移す、金も移す、こうして、自分のペテンによる失敗を隠し、国政に上るハシゴに変えていく。
橋下らの天国へのハシゴに。
その裏で国政レベルのナチス教育基本法ナチス職員基本法を訴える。
独占金融資本は、日本人から基本的人権を取り上げ、物言わぬ日本人ロボット化は大賛成だ。
日本の天国構想だ。
道州制は第二霞ヶ関にほかならない。
霞ヶ関の拡大再生産。
顔の見えない州官僚が、州中央集権に君臨する。
独裁州知事を筆頭に、胡散臭い州中央集権に独占金融資本は群がる。
こうして、独占金融資本の強烈な後押しを受けて、ナチスが全国に、はびこる。
これで、日本から、一人残らず、敢然に基本的人権を持った人間が消える。
維新ゲシュタポが蔓延しているだろう。
これが大阪都天国構想の現実の実態であり、未来の実態だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w8ze83ubqq
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w8ze83ubqq/index1_0.rdf