乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でもお腹に効力を

July 25 [Mon], 2016, 21:55

乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でもお腹に効力を発揮するとのことです。







腸の中の善玉菌を増殖させることで腸内が活性化し体の中に停滞していた便が排出されやすいのです。







その為、便秘や下痢になりにくくなります。







乳酸菌を日々飲むことで腸を整える効果が強まります。







アトピーを改善させるには食事も大事になります。







アトピーに対して効果がある食事を心がけることで美しい肌になることができるでしょう。







特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力に影響がある成分としてヨーグルトと大豆食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーへ効果があります。







おなかの環境を正しく整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品らしいのです。







「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。







心なしかちょっといわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌て何だろうと調べてみました。







調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことなのだそうです。







このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。







花粉症となってしまって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。







二年前から花粉症を発症し、ずっと鼻水がやまなくなりました。







薬に頼るのは気が引けたので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを使ってみました。







現在のところ、これにより花粉症の症状が軽くなっています。







というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。







症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、すぐに高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。







種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状が微妙に違います。







しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。







アトピーは乳酸菌を摂取することで、よくなるかもといわれています。







アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。







しかしながら、このIgEという抗体が数多く作られすぎてしまうと、過剰反応となり、アレルギー発生につながっていきます。







これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。







母は重度のアトピー持ちです。







遺伝していたようで、私も同じくアトピーになってしまいました。







肌がボロボロになってしまって、毎日保湿を欠かすことができません。







ケアを欠かしてしまうと、外にいくのも難しいのです。







母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。







元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では共通していますが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作り出す働きがあるのだそうです。







だから、ノロ対策に効果があると考えられているのですね。







近頃は、いろんな感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。







ツボで便秘に効果があると有名な、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。







後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結というツボにも同じように効果があると思います。







手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。







便秘の種類それぞれで効果的なツボは違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善につながるでしょう。







最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できることもあるといいます。







腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという名の抗体が発生します。







そして、発生したこのIgEが数多く作られすぎてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを起こす結果になるのです。







アトピーを起こす原因とされていますが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされています。







最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで受け取りました。







どんなものでもそうですが、試してみないと判断できないものです。







サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、思っていた通りの印象でした。







刺激も感じませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。







近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年ごとに高い効き目となってきていますよね。







もちろん、必ず医師の指示の下で正しく用いるということが大事です。







仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師とよく話し合うか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。







自分の考えだけで判断することは良い結果につながりません。







この前、インフルエンザになって病院を受診しました。







潜伏期間は何日くらいあるのか明確ではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になって感染したのだろうなと考えられます。







高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。







インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。







ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)というツボです。







へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。







手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。







便秘のパターンによっても、効くツボが違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善に効果的でしょう。







私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、かなり痛ましい姿でした。







ありったけの方法を試してみても、効果を全く感じなかったのに、住居を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、痒みもなくなりました。







スパッと環境を変えてみるのも、アトピー治療にいい結果を生むかもしれません。







インフルエンザにかかってしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂るために食事を抜いてはなりません。







薬も大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。







早急にインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。







朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化が良くて栄養満点なものをできる限り摂ってください。







乳酸菌を体内にに入れると色んな効果があります。







まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







その結果として、免疫の力がアップし、沢山の健康に対する良い効果が得られます。







例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。







乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いんです。







私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。







子供の頃から市販されていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなります。







アトピーの改善方法には食事も大事になります。







アトピーに効果的な食事にすることで健康的な肌へ変わっていくことができるでしょう。







胃腸などの消化器官を調整して免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などを日々バランスよく摂取するとアトピーへ効果があります。








http://b26.chip.jp/r5pczz8/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w8eujgq
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w8eujgq/index1_0.rdf