太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)

April 20 [Tue], 2010, 7:44
 政府の行政刷新会議の下に置かれた規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は15日、環境ワーキンググループ(WG)を開き、今後の検討テーマ約20項目を決定した。6月までに結論を出す重点項目として、太陽光など自然エネルギーの導入促進に向けた規制緩和や、レアメタル(希少金属)のリサイクル促進などが取り上げられる見通しだ。 

【関連ニュース】
18歳投票、3年以内に法整備=枝野行政刷新相
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転
民主新人が仕分け報告=枝野氏「期待以上」
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標

サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記−民主(時事通信)
堺の男児虐待死、同居男「ぐずり泣き、イライラした」(産経新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
雑記帳 うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/w831nnow/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。