民主党 参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)

June 11 [Fri], 2010, 12:46
 民主党選挙対策委員長に内定した安住淳衆院安全保障委員長は7日、参院選で改選数2以上の選挙区に複数候補を擁立する方針について「どうしても共倒れの懸念があるとか、県連の話も聞かなければならない。状況を見ながら判断する時があると思う」と述べ、支援体制の見直しがあり得るとの考えを示した。党本部で枝野幸男前行政刷新担当相(幹事長に内定)と会談後、記者団に語った。

 これに先立ち、TBSの報道番組で、小沢一郎前幹事長の政治とカネの問題に関し「政治倫理審査会の場でお話しいただければ党のためにもいい」と語り、国会での説明が望ましいとの考えを示した。【吉永康朗】

【関連ニュース】
<関連記事>選挙:参院選 民主、沖縄の統一候補断念 「普天間県内」が影響
<関連記事>横浜市議補選:民主候補が初当選 「首相交代で反転攻勢」
<関連記事>小沢ショック

AZU SEAMOくんを相手に“セクシー女教師”演じる!
<口蹄疫>日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市(毎日新聞)
「農水相ゴルフ」報道で処分 TBS(産経新聞)
<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
防犯カメラ別人映像、当時の署幹部が冤罪認める(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/w831nnow/archive/19
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。