目の前を虫が飛ぶように見える現象「飛蚊症」について

October 10 [Fri], 2014, 12:54
虫が横切ったり虫が飛ぶように見え、改めてその位置に集中してみると何もいない。そんな現象が起きたら飛蚊症の可能性があります。飛蚊症とは、チラチラと黒いものが見えたり、中には白っぽく見える場合もある現象で、目の前をゆらゆらと動いている事もあれば、眼球の動きに合わせたり少し遅れて付いて来る場合もあります。その形状は、小さい点から蚊などの小さな虫の形に見えるものまで様々で、1つだけ見える場合から複数みえることもあります。飛蚊症が見えてしまう理由として、後部硝子体剥離に伴う硝子体混濁と後部硝子体剥離に伴い網膜裂孔が発生したときなどが考えられます。後部硝子体剥離剥離による称した混濁の場合は、医学上の問題はないと考えれられています。後部硝子体剥離にともなった網膜裂孔の場合は、裂ける際に裂け目から眼内に血が滲んだりすることがあり、レーザー治療することが多くなっています。これ以外の症例として10代20代で発生する若年性のものがありますが、適切な知識を持ってもらうことを優先し、経過観測を行うことが多くなっています。ピロリ菌除菌
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆみこw7tzn7t5
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w7tzn7t5/index1_0.rdf