資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法の新事実とテレフォン人生相談 2013-08-24 土曜日 

2013年08月26日(月) 2時59分
どもども!こんにちは。


現在資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法レビュー特集中です(^^)
資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法体験評価はこちら


メインサイトでは、バイラルブレインパートナーズ株式会社さん作の情報教材資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前は眉唾ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


きょうの超食・・・じゃ無かった^^;朝食は炊きたてのごはんと、アジのひらきと手鞠麩のお吸い物

私の大好物ばかりです。



今日は7分で完食、8時40分に自宅を出発^^



自宅そばのサークルKに寄り道して、ソルマックをポイントでゲット(^^ゞ



朝はこれが欠かせません。。



会社に行くと、ルーチンのヤフーニュースをチェック

今日のヘッドラインは?

↓↓

 国土交通省は25日、南海トラフ巨大地震などの津波による被害が予想される太平洋沿岸部で、公有地と民有地の境界を決める「官民境界基本調査」を進める方針を固めた。道路などの公有地と住宅などの私有地との境界を明確化することで、津波によって土地の形状が変わっても迅速に復興作業に着手できるようにする。
 土地の境界は、市町村が土地の所有者や境界を画定する「地籍調査」を行っている。しかし、市町村には予算や人材が乏しく、国内の地籍調査は50%しか進んでいない。明治時代初期に調べた後、調査が行われていない地域もあり、津波で地形が変わると境界が分からなくなる恐れがある。
 東日本大震災では、土地の境界が画定していない地域の復興計画策定には、画定していた地域の倍以上の時間がかかったケースもあるという。そこで国交省は、公有地と民有地の境界線だけでも国の直轄事業として先行調査すべきだと判断した。 
(この記事は時事通信から引用させて頂きました)



出ましたよ、これ。

そうなんですねえ。



そんな事より、きょう、やるべき事と言えば

だんどりが上手くいけばサイトアフィリエイトに16時間と、ブログテンプレの張替えに2時間。



大した内容では無いので問題にはならないです。



今日もがんばって稼がねば!



そういや、これこれ

↓↓





あちゃちゃぜんぜん関係無い?

確かに・・・^^;



さて晩飯は何しよ?

しゃぶしゃぶかエビチリが食べたいな〜



これも良いか?

↓↓





では今度の記事更新はどうしても明日になります^^;

お楽しみに!
最新記事