私は自分の守護さんと交流をしたい、と思っているあなたへ

August 21 [Tue], 2012, 21:02
誰にでも守護さんはいてくれて、たまには的確なアドバイスを伝えてくれたりします。
でもよく人は私は、なんにも感じませんという言葉を言います。
そこで霊能者たちが変わりに私が聞いてあげますよというお仕事が出来上がったりします。
本当はね守護さんが信頼関係も出来上がっていない他人にメッセージを伝えてくれないか、ってことは本当はとっても少ない現象です。
生きているみなさんならわかると思いますが、見ず知らずの他人との信頼は簡単に繋がるものではありません。
でもたまに、ほんとうにたまに初対面の方の守護さんから伝えてほしいことを預かったりするときがあります。
私の守護さんとその方の守護さんの折り合いで守護さんどうしが信頼関係を瞬間に築いた、とで言うかそんな繊細な関係なので急に守護さんに聞いてみてくれませんかという依頼はあまり受けつけたくありませんし、あまり受けてはいません理由は瞬間に信頼関係が築けなかったら私はなんにもわからないからです。
それでも、人は霊能者はすべての人が簡単に守護さんと交信できるという思い込みがあるために私が依頼を拒否すると、それはもうえて副業 サラリーマンなことを言われたりします。
そんな人の移り変わりは見たくはありません。
何を言いたいかと言うと自分の守護さんと交信をしたいのならまず、自分が自分を愛し、自分のすべてを赦し、受け入れ、自分で自分を信じることから始まるのです。
どんな時、どういった場所、どんな人といても影響されることなく自分で在り続けること自分と他者の意見の違いを知り受け入れること感情に巻き込まれることなく、そこに至った心情を自分が知ること自分を認識すること、現実の自分を知ることです人に聞く、ではなく人に教えてもらう、でもないたとえ常識からずれていると言われてもたとえ共感を得ることがなくても自分であり続けることその中には醜い自分や自分のエゴも見えてきますそれらをしっかりと認め、人のせいにはしないこと自分の思いが自分の世界を作り自分の感情が自分の環境を作り自分の行動が自分と他人の関係性を作り自分の見栄、虚飾が変化を生み出すからです自分に厳しいものは後ろの者たちが手を差し伸べてくれるものですただ差しのべてくれているその手が見えていないだけなのです。
人には全員守護さんがいらっしゃいますから信頼関係を気付き交流ができることを信じてほしいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w6fv7zu5mm
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w6fv7zu5mm/index1_0.rdf