転職の時の理由

November 24 [Thu], 2016, 1:48



転職の時の理由は今までに身につけたスキルを生かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。





前の職場の批判や陰口は言わないようにしてください。





ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが応募理由です。





どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好印象となるように示すのは簡単ではありません。





例えばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、前むきな理由付けの方が好まれ、通過しやすいようです。





看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず明らかにしておきましょう。





ナイトナースはできない、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、望む職場環境は人それぞれです。





ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、ストレスのたまる勤務場所で限界を待つ意味はありません。





看護職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。





過去の仕事場の人と上手くいかなかったからとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、不本意な評価をされかねません。





要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、未来志向であることを印象付ける志望理由を述べるようにして下さい。





看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。





看護学校は結構厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させられる沿うです。





沿ういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。





日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。





しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。





公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生(中には、個性的な制度や設備を備えている企業もあります)の面でも充実しています。





準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。





看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。





でも、看護師の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。





保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上のさまざまな手助けをするのも看護師の仕事です。





また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師がおこなうことが多いです。





看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。





女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)がたくさんいる職場ですし、イライラしやすいこともあり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。





一部には、パワハラやいじめが転職を考える理由という人も存在します。





辛い環境の中を耐え忍んではたらこうとすると、体調を崩しやすくしますから、すぐに転職した方が良いでしょう。





キャリアアップを目さして転職を考える看護師も世間にはいます。





看護師の能力を向上させることで、高収入を得ることも可能です。





看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分が合うと思える職場を検討することは必要でしょう。





内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかも知れません。





看護専門職がちがう仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。





試験官にマイナス点をつけられると、ナースは人手不足といえど落とされることもあるでしょう。





言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志望する人もそれだけ集まりやすいと言うことですので、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。





身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。





看護師となるための国家試験は、1年に1度おこなわれます。





看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)試験に合格する確率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。





看護師の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。





世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが拡大してきているのです。





加えて、大会社になると看護師が医務室などにもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを行っております。





こういうケースは、その会社組織の社員として入社をすることもありうるでしょう。





看護師が転職する際の要領としては、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。





さらに、3ヶ月は利用して細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。





急いで決めた仕事だと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。





その事から、自分の希望する条件を明りょうにしておきましょう。





ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。





看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌(無料で配られているものも多いですね)などには紹介されないことが数おおくあります。





しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。





できれば避けたい勤労条件に関するやりとりをお願いできる所も少なくありません。





看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。





たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しい仕事場を捜す時だと考えて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。





すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。
偏頭痛の治し方なら





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w66jtg
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w66jtg/index1_0.rdf