逆流性食道炎の治療で処方される薬はこれ! 

2016年12月14日(水) 9時46分
逆流性食道炎を発症して病院に行った場合、一体どのような薬が処方されるのでしょうか?具体的には、下記のような薬が処方されることになるでしょう。もちろん、いきなり薬物療法が始まるわけではなく、検査で逆流性食道炎の発症を確認することになります。

逆食の治療で病院から処方される薬
(T)ヒスタミンH2受容体拮抗薬
(U)プロトンポンプ(容積ポンプ、非容積ポンプ、特殊ポンプなどがあります)阻害薬
(V)粘膜保護薬
(W)制酸薬

逆食を治すためには、薬物療法が有効なのです。

逆流性食道炎を発症しているということは、胃酸の分泌量が多いわけですから、それを抑制するためにはスタミンH2受容体拮抗薬が処方されることになるでしょう。ちなみにこの薬は、薬局で販売されているところもあるでしょう。

しかしながら、そこはやはり病院で処方される薬の方効き目が強くなっていますけれどもね。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬を服用することで現れてくる副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、しっかりと説明を受けてくださいね)としましては、発疹や便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があるでしょう)、下痢(軟便、泥状便、水様便ともいわれますが、やはり、普通は下痢と呼びますね)、口の渇き、食欲不振などの症状が現われる事もあります。

また、プロトンポンプ(液体や気体を吸い上げたり、送ったりする機械のことを言います)阻害薬にも、胃酸を分泌させない効果があるのです。

再発防止を目的として用いられることもあるんですけれど、発疹や肝障害と言う副作用が起こる可能性がありますね。

粘膜保護薬には、食道の炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれるでしょう)を抑制する作用があって、他の治療(多くの場合、最先端のものは高額な費用がかかることになります)薬と併用する事が少なくありません。

便秘(排便がない期間が長く、そして排便が困難なこと症状をいいます)や下痢(何が原因になるかは個人差が大きいものですね)といった副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところですね)が現われる場合もあるでしょう。

制酸薬は、逆流してきた胃酸を中和する働きがあることから、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行することも少なくないでしょう)を緩和させる事が可能です。

粘膜保護薬と同様に、他の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには必要なことです)薬と一緒に利用される事が多いのであります。

どんな治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものでしょう)薬にも副作用がある為、必ず用法や用量を守るようするべきですね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうじw64z65ku
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる