ロバーツが長浜

March 06 [Mon], 2017, 22:58
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。
最近話題になることも多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakura
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w5tsst6uja4tle/index1_0.rdf