村尾の瀬野

April 21 [Thu], 2016, 5:04
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけ立という方も多いと思います。

自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを、意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)して摂るようにしている方もいらっしゃると思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあるのです。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算し立としても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してちょーだい。



今、二人コドモがいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。


本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気もちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。

妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。


ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチ(一般的によく行われる静的ストレッチ、筋肉を繰り返し伸ばしたり縮めたりする動的ストレッチ、リハビリテーションにも用いられるPNFストレッチ、柔軟体操として知られるバリスティックストレッチがあります)によって、リラックス効果があると言われています。
ヨガを行う事で乱れがちな自律神経を正常にするため、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。



パソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)やスマートフォンでも動画が見れますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでもはじめられます。

軽く息が上がる程度の運動は身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。

これは、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

胎児の栄養はすべて母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省よりもとめられているワケです。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。
妊活を行っているということは、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、実際に妊娠し立と分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)であると同時に、最も不足しやすい栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がお腹の中で成長をはじめています。出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんをげんきに育てられるように備えておきましょう。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血行不順を緩和して新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
二人目が欲しかったのですが、中々授からないので産婦人科に行きました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をとねがっていたのですが、話を切り出しづらくて、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。



私はラッキーだったのか、服用後2か月には下の子を授かりました。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、造血作用を高める効果があるのです。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすくなることが期待できます。
葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果を持たらすのです。

友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。


友達はベルタから出ているサプリが一番良いと、目をつけているようでした。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲む方が効果が高いと母からきいたことがありましたから、妊娠し立と言っていた友達に勧めました。


友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、げんきで健康的な赤ちゃんを授かってほしいとねがっています。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあるのです。妊娠を望む家族の声や、時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。


治療しているのですから、アトはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍生
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w5er6bddne0iro/index1_0.rdf