上海より第二十四報 〜会社をやめました〜

August 02 [Thu], 2012, 18:55
お久しぶりです、日本の皆さん。
ちょっと報告が遅れてましたが、僕、つい先日会社をやめました。
中国で職場に再復帰して約半年。
なんとか安定に向かいかけたと思いきや、人生初めての転職を経験することになりました。
そう、81より新しい会社で仕事を開始します。
日本で着メロ制作に携わり、上海で某著名メーカーの取説を書き、そしてたどり着いた職業は今までとはかなり変わりますよ、今回は。
営業それも物流業界その上、大企業来週からはスーツ着て出勤だぁ普通に聞くと、えっ、着メロつくってんの、みたいな、特に驚くようなことも無く、ふん、わりと普通な仕事だねって感じの印象かとおもうのですが、自分の今までを考えてみると、36歳もう2週間で37だよーにして、営業デビューとは、自分でさえ全く予想していなかったこと。
さっそく、今の休み期間を使って、スーツ系の衣服買い出しに精を出しておりました。
うううん、新鮮だ。
それにしても、なんで退職したのと皆さんは聞きますよね。
たぶん。
ってか、聞いてくださいな。
いやぁ、この半年、実は結構やつれておりました。
顔はちょとほそくなったものの、腹がちょっと出てきた。
やばい1月中旬から仕事を開始して、2月から本格的な仕事が始まり、残業が増えだし、3月4月はほぼ毎晩深夜残業で、遅いときは夜3時退社。
11時に帰宅できるものなら、ちょっと早いねぇ、って感じでした。
そんでもって、残業代なし。
一体なんのためにここまでしてこの仕事してんの、って常に思ってた。
会社は僕に大きな期待をもっていたし、総経理からのそういった表示も幾度かあったから、僕も頑張らなきゃと思ったんだけど、新人の僕に与えられた業務量は今考えても、経験ある人だとしても一人ではこなすことができないような相当な量だった。
自分の教育者の人は、僕の退職が決まってから、あのときはもたないと思ったよ、だってさ。
とりあえずなんとかその場は乗り切ったものの、それで退職しちゃったら、会社にとってもそれなりな損害だよね。
そこまでやって何が得られるんだ何考えてんだろうね、あの会社は。
ちなみに僕の前に入社した女性は2ヵ月間の病院送りにされてました、彼女はその後復帰して今でも働いてる。
日本での仕事もいろいろ大変だったけど、それを思い出すと状況はかなりマシだった。
あの頃はあの頃でなんらかんら文句言ってたけど、今になって前の会社の良いところが沢山見えたと思う。
それにしても、この残業愛好者的日本企業を去ることができてほっとしております。
転職も早めに決まり、次の仕事は残業代も出してくれる中国では割と珍しい心機一転、更なる放尿プレイ自分の発展へ向かって、物流業界で頑張ります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w4gymk7viq
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w4gymk7viq/index1_0.rdf