首相、口蹄疫「国家的危機だ」 全面支援約束(産経新聞)

June 18 [Fri], 2010, 22:17
 宮崎県の口蹄疫被害拡大を受け、菅直人首相は12日午前、宮崎県入りし、「日本の農業にとって国家的な危機だ」と述べ、感染拡大阻止に最優先で取り組む考えを強調、畜産農家の経営再建にも全力を挙げる考えを表明した。

 首相は12日朝、航空自衛隊機「U−4」で宮崎入りし、県庁で東国原英夫知事らと会談。「宮崎県の口蹄疫をどこで終わらせるかが日本の農業を占う。まずは感染拡大を止めることが何より重要だ。終息した後には(畜産業の)再建に向け、必要なことはすべてやる」と明言した。

 東国原知事は、宮崎県の全家畜のほぼ4分の1が殺処分される現状を説明し、(1)防疫対策・感染ルート解明(2)口蹄疫対策費の国費措置(3)畜産など産業復興支援−などを求めた。

 これに先立ち首相は宮崎市内の農家を視察、「皆さんには苦しい思いをさせるが、今は感染拡大をいかに抑えるかに全力を挙げたい。その上で責任を持ってきちんと再建ができるよう手当てする」と述べた。

 首相の宮崎入りには「今行けば選挙目当てと言われかねない」(政府高官)など慎重論があったが、首相が振り切って決行した。首相は現地入りした各省庁のスタッフの激励にも訪れ、小川勝也首相補佐官の肩を叩き、「一種の国家危機なので精一杯頑張ってほしい。『ちょっとどっかに行こう』とこの人を引っ張り出してもなんとかしておきます」と語った。

【関連記事】
口蹄疫 県境6カ所の封鎖開始 鹿児島県曽於市
菅首相×東国原知事 口蹄疫支援「必要なことすべてやる」
口蹄疫 畜産がこの街の大動脈
口蹄疫 苦悩の農家「収入なくなるかも」
口蹄疫と二重の被害 宮城県の農場で窃盗
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

日本振興銀行を家宅捜索=メール削除で検査逃れ―銀行法違反容疑で警視庁(時事通信)
洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
<高速無料化>実験28日開始 宮崎2区間を年内追加(毎日新聞)
<殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
<平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/w347jycv/archive/19
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。