農家への補償案を提示へ=山田副大臣が宮崎知事らに(時事通信)

May 27 [Thu], 2010, 21:29
 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が広がっている問題で、政府の現地対策本部長を務める山田正彦農林水産副大臣は21日午後、発生地から半径10キロ圏内の家畜にワクチンを接種する農家への補償案について、東国原英夫知事ら地元首長に提示する。地元の同意が得られれば、ワクチンの接種手続きに入る見通しだ。
 補償案は、家畜を殺処分した場合の支援金のほか、処分までの飼育コスト、経営再開までの生活支援、家畜を埋める経費などが柱。 

【関連ニュース】
ワクチン接種、合意先送り=地元首長「納得できる補償を」
ワクチン投与で知事らと協議=「農家の理解得たい」
全頭殺処分、地元は困惑=県知事「やむを得ない」
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を
殺処分対象11万頭=宮崎県が非常事態宣言

振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省(時事通信)
桜 若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議―警視庁(時事通信)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/w347jycv/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。