処分できる可能性

April 26 [Sat], 2014, 7:09
クルマの査定についてですが、決算の時期、ボーナス前に実行するのが最も高い値が付きます。
日本の一般的な企業は通常年度末を3月末と決めて、当然決算を3月におこなっています。加えて中間決算なるものをするんです。
ということでこの時期こそが1年でもっとも新車の販売が伸びる時期であり、逆に中古車の下取りがのびることにもなります。
そうなると当然、中古車のウリも増える時期ともなるのでよくあるような査定をお願いしても、ほかのときよりたった少しであっても高く売れる時ともいえます。
加えて買い替えをしようと思う人だとすれば、ディーラーへ足を運んでみると一歩を踏み出すことになるでしょう。
ほとんどのディーラーが、どんなメーカーでも納得の査定額でしたどってくれるキャンペーンとかをやっているはずだと思います。こんな感じで他の時期に買い損ねたものの
千円どころか廃車処分したほうがいいんじゃないの?的クルマ、つまりは「人気の没落した車」といった、現時点で現金と交換してくれるなど高望みな車であっても少なくともお金を払うことはないでしょう。
とにかく決算期は、業者も売上を伸ばそうと必死こきます。企業は来期に向けて販売店や買取店に買取の名目で資金を送ってきたりします。
いますぐ売るのは考慮してないけれどももう少ししたら新しいクルマの購入を予想しているのならこうした決算時期そしてボーナス前の季節に買い換える計画をたてたら、現在保有している
クルマが中古車相場よりもずっと高い価格にて処分できる可能性があります。タイミングのいい時期としては締め日の直前である20日ごろに契約ができれば、最大限の利益が得られる機会を授受できるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽおぽお
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w343456yu/index1_0.rdf