僕ごときは、クライマーなんかじゃなかった。

September 04 [Sun], 2011, 3:09
高千穂遙のヒルクライマーを読みました。メタボ解消の為に始めたロードにハマっちゃった大御所作家が書いた、ヒルクライム小説。代にしてヒルクライムにハマり、家族そっちのけでレースで勝利しまくるおやじクライマー。夭折した親友のロードレーサーから形見のバイクを譲り受けた元上長距離選手の青年。Newメール坂に取り憑かれNewメールた者達は、それぞれの想いを振り絞り、ペダルを回す。ペダルを回す。ペダルを回す。どうしてそんなにキツいのに好き好んで坂登るんだ、オマエらその答えが、ここにはNewメールある。登ってみれば分かる、登ってみないと分からない世界。共感出来る部分もありますが、読んじゃってちょっと後悔してる部分もあり。人生を懸けて臨まないとリザルトなんて残せないうすうす勘付いてはいましたが、やっぱそうなんだねと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w329lhq55w
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w329lhq55w/index1_0.rdf