2016年の薬局薬剤師の総給与費の増加分は、1,803億に(転職サイト調べ)

June 03 [Fri], 2016, 14:27
"薬剤師会が薬局の来年の総給与費が1,800億ウォン増加すると予想した。最近仕上げされたことが交渉の結果を反映した数値だ。

薬剤師の転職サイトを運営する薬剤師会(会長ジョチャンフィ)は、今週初めに仕上げされた2016年の数が交渉で助産師を除くタイプ内の単独1位の3.1%引き上げて契約を締結した。

3%台印象に合意に基づいて、来年度薬局換算指数は77.4ウォンに確定した。

引き上げ率を実際に適用する場合、内服薬3日分の基準ジョジェリョは5,140ウォンになる。

薬剤師会は、昨年の数が交渉で3.2%のジョジェリョ数が引き上げに合意した。また、2016年度の交渉でも3.1%の引き上げに結論出し、2年連続で全種類内の最も高い上昇率で契約を締結することになった。

引き上げ率を勘案した2016年度の数総額は1,076億ウォン。薬局あたり平均約511万円(月42万5,800ウォン)の追加給与費収入があると予想される。

ここで、過去2013年10月に施行された土曜日の午前調製加算拡大による727億給与費の増加分を反映すると、2016年の薬局総給与費の増加分は、1,803億である。

薬局あたり平均約856万円(月71万3,500ウォン)の収入が増加することが見込まれる説明である。

薬剤師会の関係者は、「勤務薬剤師人件費の増加と賃料上昇、クレジットカードの手数料のコスト、書面服薬指導の発行などによる薬局の厳しい経営環境を積極的に発表した」とし「今回の換算指数印象を介して薬局経営に少しでも活力素になるできるように最善を尽くして交渉に臨んだ」と明らかにした。

続いて「今後も薬局の適正数が現実化のための努力を怠っていないだろう」と付け加えた。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:までひかしみびけ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w2npdu63rgiu5f/index1_0.rdf