浜野で島田

July 26 [Tue], 2016, 20:48
目下、アルティメットなどでも見掛けることが増えた「水素水」。中には普通のミネラルウオーターの3倍以上の総額で売られている商品も起こる。医薬品ではないので効き目・威力の公表はできないが、なんらかのボディー効果を期待して購入する人が多いようだ。実は「水素水」は、古く別名で売られていた。どうして近頃、水素が注目されているのだろうか。

 現在の水素花形は、平成19時に日本医科大の太田成男レクチャー(細胞アニマル学)の発明仲間が「水素瓦斯が有害な活性酸素を効率よく除去する」とやる報告を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことが糸口と罹る。

 活性酸素は、細胞や遺伝子を傷付け、がんや多くの務め病魔を誘い出す主因と罹るだけに、ラットでの発明とはいえ、水素瓦斯の威力に題目が集まった。こういう報告のリリースが報じられて先、水素瓦斯を発生させて水素水を探る機械や水素を取り込む栄養剤、コスメティックスなど水素をうたった商品がずっと登場した。

 こういう仲間、断然よく見かける水素水は、水素瓦斯が溶け込んです水の事柄。WEB通販やコンビニエンスストアなどで水素水を販売するドリンククリエイターは「水素は健康で話題のもと。今のところ効果は思い付かが、自身への発明が長々進んであり、もととしての役割が大きい」と論評、儲けも順調と言う。

 水素水は医薬品ではないので、商品のお披露目としてボディーや美貌への効き目を謳うことはできない。だが、ホームページには「がんが改良した」「ダイエットに嬉しい」「うがいをすると口臭護衛に上る」など、大抵論として水素水にさまざまな美貌・ボディー効果があることをうたったページが多数存在する。

 そういった中央、明治大報知交渉学部の石川幹人レクチャーは、水素水(活性水素水、電解還元水)に一般におっしゃるような美貌やボディーへの効果があるかを決断。「疑似科学です」と結果付け、運営するページ「疑似科学と罹るものの科学性決断ページ」に1月、公表した。疑似科学は「ニセ科学」とも呼ばれ、ロジカルアピールで科学を装っているが、結構科学とは呼べないものを指す。

 『何故疑似科学が世間を移すのか』(PHP新書)の著書もある石川レクチャーは、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のため、かつてアルカリイオン水と呼ばれた商品」と教授。水素水の決断をしたことについて、「キャッチーな『水素』という台詞を塗りつけるため、儲けを治癒決めるという意義が見えたから」と説明する。

 アルカリイオン水は、アルカリ性の電解水の事柄。一般的な水は、水素と酸素からできてあり、それを電気分解すると、酸素を数多く含んだ水「電解酸性水」は陽極側に、水素を数多く含んだ水「電解水素水」は陰極側に生成される。こういう陰極側に生まれた電解水素水は、以前は「アルカリイオン水」と呼ばれることが多かったが、今は「水素水」といわれているわけだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ワカナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w2dne2nnteniie/index1_0.rdf