晶(あきら)とさおり

May 24 [Tue], 2016, 4:58
「顔付きを洗うついでに、リンパマッサージを行う。最初にリンパ節の居残る耳の下、顎の下をもみほぐします。次に、額面、瞳の周辺、頬のリンパを、耳の下に向かって流します」

最後に、フェイスラインをなぞるようにあごの下から耳の下、二度と鎖骨までなで下ろしリンパを出す。弱く圧をかけながら指をすべらすように、リンパを流すのがノウハウだとか。

「リズミカルにリンパ洗いをすることで脳に間近いスポットの怒りが刺激され、セロトニンを一昼間に働いてほしい脳瞬間ホルモンの分泌が活発になり、それが結果的に夜の就寝につながります。良し睡眠はアンチエイジングの基本です」

日々何気無く行っている洗いだが、そんなメソッドを取り入れれば自律怒りを調えることに達するというわけだ。また、早朝、しゃきっと終わる個人におすすめの香料は、覚醒作用があるグレープフルーツやペパーミント、と根来手解き。

「早朝、これらの精油をお湯船のフロアに値滴垂らして、熱意めのシャワーを浴びると、交感神経にスウィッチが入りバッサリ瞳が覚めます。ただし、ペパーミントの精油は受胎中には控えたほうがいいでしょう」

アロマセラピーは、持病の生じる個人や受胎中間の個人は先ずかかりつけ医に相談してから使うようにしたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アユ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/w0setnotis0hmh/index1_0.rdf