[静かすぎる対策]体験会に120人以上が集まる(レスポンス)

May 14 [Fri], 2010, 18:18
「静音性対策車両」の騒音とはどんなものか。10日午後、東京都東小金井市の尾久自動車学校で開催された体験会には、平日にも関わらず120人以上の応募者が押し寄せた。

画像2枚:説明会場の教室には立ち見も出た

いずれもインターネットなどで応募した一般参加者。自動車関連会社など関係者だけでなく、目の不自由は人たちや自動車事故被害者の家族なども訪れ、関心の高さを物語っていた。

静音性対策車両が走行するコース上の脇に参加者が立ち、車両の音を確認した。

自動車部品メーカー社員の一人は「思ったより優しい音がする。これなら受け入れやすく、HVやEV普及に弾みがつくのではないか」と話した。

一方で、「静音性対策をしなければならない現状は、それだけ生活道路の安全が確保されていないことの裏返し。事故防止のためにはもっと大きな音が必要なのではないか」と述べる参加者もいた。

体験会を主催した国土交通省自動車交通局では、参加者にアンケートを依頼している。このアンケートの結果が車両メーカーら関係者に伝えられ、実装に向けてさらに検討が加えられる。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
[静かすぎる対策]走行音は、UFOの飛んでくる音
EVバイクにも車両接近通報装置を取り付け
【Fニッポン 第2戦】招待…各チーム、調子がでてくる
国土交通省 特別編集
ハイブリッドカー HV 特別編集

<谷亮子氏>参院選に民主から出馬表明 「五輪は金目指す」(毎日新聞)
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
手掛かり乏しく、捜査難航=遺留品、交友関係…−島根女子大生、遺体発見半年(時事通信)
「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/w0fwdhss/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。