生理前ににきびが増えるのはなぜ?

July 21 [Thu], 2016, 5:19
生理前になったら、背中にきびが増えたらいう人はたくさんいるのではないでしょうか。

これは生理前になると、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるからです。

黄体ホルモンは皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)の分泌を増やす働きがありますので、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)が出来やすい状態を作ってしまいます。

また、ストレスを受けたら、更に黄体ホルモンの分泌が増してしまい、尋常性瘡が可能でやすくなるでしょう。

中には、生理前でも肌の炎症性疾患ができない人もいるかもしれませんが、これは体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)が大きく関係していると思ってください。

生理前のざそうは、以下みたいなことを心掛けると予防可能でしょう。

・洗顔料を変える
・念入りに保湿する
・規則ただしい生活を送る

生理前は肌の脂の量が多くなる為、それに合った洗顔料を使用するようにして下さい。

この時だけ、吹き出物用の洗顔料を使うのもいいかもしれません。

ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)を予防するためにも、保湿はすごく重要なので、念入りに行いましょう。

オイリー肌だから必要無いと考えている方もいるかもしれませんねが、それは間違いです。

肌が乾燥すると、どんどんお肌の脂の量が増えるので、オイリー肌の人も保湿を行うようにするといいでしょう。

それに、生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)が乱れていると、黄体ホルモンの分泌が活発になってしまう為、規則正しい生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を意識した方がいいのです。

背中にきびにはジッテプラス

にきびを隠すにはどうしたらいい?

July 18 [Mon], 2016, 8:20
ニキビが出来てしまうと、憂鬱な気分で外出しないといけないのですよね。

しかし、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)であればメイクでうまく隠すことも可能になります。

メイクでニキビを隠す方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は、以下の通りです。

・パウダーファンデーション(次から次へと新しい商品が発売されます)の活用
・目線をそらす
・小物の活用
・髪型のアレンジ

まず、おすすめなのがパウダーファンデーション(肌に合うかどうかはもちろん、合う色を選ぶのもなかなか難しいですね)の活用です。

パウダーファンデーション(ケーキタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプに分けることができます)を顔全体に塗ることで、ニキビが目立たなくなるでしょう。

また、ニキビから目線をそらすようなメイクをにして下さいね。

アイメイクやリップを使用すると、目や口に目線がいくので、面皰に気づきにくくなるはずです。

そして、メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)やサングラス(マジックミラーや偏光ガラスが使われていたり、度が入っていたりすることもあるでしょう)といった小物を用いたり、髪型をアレンジするのもいいかもしれません。

そうしたら、相手の視線が小物や髪型に集中するため、面皰をみられることが少なくなるのです。

このような方法で吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)を誤魔化すことができるので、皆さんも実践してみてください。

女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の場合であれね、メイク次第でいかにでも隠す事が出来ます・

にきびはできる場所で原因が違うの?

July 15 [Fri], 2016, 5:24
ざそうは顔の色々な所にでき、おでこや鼻、口周り、頬、あご、首などが代表的です。

そして、吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)は出来る場所で原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が違うと言うのをご存知ですか?

出来る場所によっては原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が違う為、できた場所によっては対処法を変えないとダメです。

例えば、おでこにできた場合は、胃腸不良(独特のファッションを好むことが多いようです)、シャンプーやリンスのすすぎ残し、前髪による刺激等が原因です。

鼻にできる場合は、食生活や生活習慣の乱れによる皮脂の過剰分泌が主な原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)だと思って良いのです。

また、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を受けがちな場所でもあるので、肌トラブル(悪化する前に、皮膚科を受診するのも一つの方法です)が割と起きやすいです。

手で鼻を触るクセがある人も、ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)が出来やすいので、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しましょう。

頬には、胃腸が荒れている時や糖分(糖にも様々ありますが、ブドウ糖であるグルコース、トレハロース、キシリトールなどが有名でしょうか)・脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分を非常に多く摂取した際に、尋常性瘡が可能でやすいです。

口周囲のニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)は、主にストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)や食べ過ぎ、睡眠不足(睡眠時間は長いのに、朝起きるのがつらかったり、寝た気がしない場合には、睡眠の質が悪いのかもしれません)が原因になります。

あごのニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)は、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)、睡眠不足(睡眠不足が続くと、脳が休むことができないので、過労状態になってしまいます。認知能力が低下したり、太りやすくなってしまったりするでしょう)、冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)などが原因になってできるようになっていますよ。

首にできる場合は、ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の乱れが大きく関係しています・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w0f3u570710
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる