科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」(読売新聞) 

June 18 [Fri], 2010, 21:00
 「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額?

 宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の“現金さ”にあきれる声も出ている。

 菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛。宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な1ページを加えた」との談話を発表した。

 しかし、後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られた経緯がある。福山哲郎官房副長官は記者会見でこの点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は検討したい」と述べた。

<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
雑記帳 競馬場で「本命当てちゃおう」婚活 盛岡(毎日新聞)
坂本副会長らを再任―日看協が通常総会(医療介護CBニュース)
蓮舫氏入閣、亀和田武氏は不支持「すきまタレント」(スポーツ報知)