殺人 弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)

June 07 [Mon], 2010, 10:57
 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1の関内川島ビル9階「横浜みらい法律事務所」の女性事務員から「事務所に刃物を持った男が入ってきた」と110番があった。駆けつけた神奈川県警加賀町署員が、所属する弁護士の前野義広さん(42)=同区蓬莱町3=が事務所内で血を流して倒れているのを発見。胸や腹を刺されており、病院に運ばれたが同4時ごろ死亡した。同署は殺人事件とみて逃げた男の行方を捜している。

 同署によると、前野さんは床に倒れ、近くには凶器とみられる血の付いたサバイバルナイフのような刃物が落ちていたという。逃げた男は年齢30歳くらいで身長約170センチ、白いTシャツに黒のTシャツを重ね着し、ベージュのズボン姿。手袋をして、黒いリュックサックを背負っていた。

 現場はJR根岸線関内駅から北東へ約500メートルのオフィス街。110番した女性事務員は、事務所の隣にあるビジネスホテルに駆け込んだといい、ホテルの女性従業員は「慌てた様子で『隣のビルの者です。電話を貸してください』と入ってきた。直後にパトカーがやってきた」と振り返った。

 前野さんは横浜弁護士会で消費者問題対策委員会委員を務めていた。記者会見した同弁護士会の水地啓子会長は「弁護士の業務に対する重大な挑戦。自らの主義主張を暴力によって実現しようとする手法は断じて許さない」と語気を強めた。

 日本弁護士連合会も「業務中の弁護士が殺害されるという誠に痛ましい事件で、このような卑劣な行為を断じて許すことはできない。捜査機関による一刻も早い犯人逮捕と事件の解明を切に要望する」とのコメントを出した。【吉住遊、中島和哉、松倉佑輔】

宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」(産経新聞)
亀井氏は首相の続投を支持 長妻氏も「職務貫徹を」(産経新聞)
クールビズの季節、政府も自民も「かりゆし」(読売新聞)
福島担当相罷免 連立離脱へ 「辺野古」明記に反発(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/w03dj977/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。