新しい家族

October 16 [Sun], 2011, 2:10
今週末は新しい家族が増えるって事を体験。

一つ目は友達に子供が産まれたって事!!
正直、私こども好きじゃないし
興味もないけど、やっぱり仲の良い、
私が勝手に(笑)頼ってる友達だから、
すごーくうれしくて♪
初めて病院まで会いに行っちゃいました!
出産てホントに不思議体験。
こないだまでお腹の中にいたのに
今はベッドでスヤスヤ寝てて。
思ったほど猿っぽくなくて
勝手に安心して、お祝いしてきた。

ホント、珍しく心から人の出産を祝えて嬉しいわーw
心から、早くおっきく成長して話がしてみたいなーと思った♪


そして今日はいとこの結婚式でした。
親戚の式は初めてでとっても
不思議な感じだったけど
いとこ(男子)も大きくなったなーと
思ってみたり、
親戚顔合わせなんかして、
血のつながりはないけど
つながっていくんだなーと不思議な感じでした。
あと今までの式よりも、当たり前だけど
繋がりがあるって思った。
何というか、帰る時も「またねー♪」ていう軽いノリ。
年取っても付き合いが続くんだろうなっていう安心感、かな。

いとこも同世代だから、そういう横のつながりがなんかうれしかったのかも。


それにしても、披露宴のデザートがビュッフェスタイルで!
あー、もっといろんなケーキ食べておけばよかったと後悔。(笑)
モンブランとかレモンタルト、オペラ、
マカロンとか、こんなたくさんの種類
食べれる機会なんてそうそうないのに〜。

それと同時に思った事。
私はこんな風なお菓子職人には
なれないんだろうなって。
やっぱり、年と職歴のあるなしって
いうのは大きくって。
でも逆にこの年で、ちょっぴりだけどある社会人経験だからこそ
なれるお菓子職人だってあるだろうし
方法もあるだろうし。
まだまだだなー。

やっぱり?

October 01 [Sat], 2011, 23:36
こないだブログを書いたときに
最後に書いてたのが発達障害のこと。
もしかしたら発達障害かもってかいてた。

んで、最近は比較的調子がよいので
試しに自己診断をしてみた。

そしたら、
やっぱり調子が悪いときと同じw

あはは、そうだよね〜。
これでま〜〜ったく違う結果が出てたら
発達障害ではない、
シロっていう判断になるからね。
まぁやって良かったかな。

この性質自体は自分でも分かってるつもりだから
支障が出ないように、ちょっと気をつけたりしてる。

こやって上手くやっていく必要があるんだろうな。
そしてそのことでくよくよしないこと。

きっとこうやって過ごせるってことは、
本気で診断される人(診断される人は障害者手帳まででたりするから)
とは違うんだよね。本物じゃないっていうか。

中途半端だからこそ辛いっていう人もいたけれど、
だましだましでも普通のヒトと一緒に過ごせるのも
やっぱり幸せなんだと思う(本物の人から見たらきっとそうだろな)

道探し

September 29 [Thu], 2011, 0:54
いつだっけかな、一ヶ月くらい前に友達に
仕事のこと、夢のことを話してて
「いつやるの?」とさんざんおしりペンペンされ、
ついに、動くぞ〜!という気になりました。

そう、人生は短いのだ。
そして30手前に焦る私(笑)
nothing is late to start!

どうしたら、私のしたいことが
具現化されるのか?
ひたすらこの道探し。

あと10年若かったら
全然道は違っただろうな。

一つは、すぱっと仕事を辞め
学校に行き、就職するという道。
これは、楽に見えて険しいことが判明。

オープンキャンパスに行って疑問になった。
こんな高い学費を払う価値があるのかどうか?
高校でたばっかりの子達と一緒にやっていけるのか?
(若いからついて行けない、というレベルではなく
人間としての成長レベル、経験値の違い、
やる気、そして変に身についた学歴etc )
そして、学校の事務の方は私と同じくらいの年の人が
働いていたりする。
勉強してて良いのか?というもどかしさ。

そもそも経済的な問題はあるんだけれど(涙)、
よーっぽど働かなくてもよい理由がない限り
とってももどかしい気持ちになると思う。

もしかしたら経済的に守られるのであれば
よい道かもしれない。
でも、この「もし」はないわけで。
この「もし」を可能にするためにお金稼ぐ事を
メインに生活を変えることもあるけれど
30手前の私。ちょっと先が長すぎる(笑)

そして友達にもオープンキャンパスで
先生にもアドバイスいただいたように
学校行くだけが道ではない様子。

そして自分のやりたい方向性をもっと
明確にしないといけない。
それでアプローチ方が変わってくるハズ。


そもそもお菓子っていうと
フランス菓子が多い、
私もまずはそこを極めたい。

でも実はアメリカ菓子も気になってる。
アメリカのお菓子ってかなりヨーロッパのお菓子と違うと思う。
レシピ読むだけでちょっとびっくり。
なんだこの配合!?とか、そもそも材料も違ったり。
ぜーんぜんちがう。

カナダで一年過ごした影響が大きいみたいで
なんというか、かなり気になる存在。
気取ったモノがないっていうのも、私が好きな理由でもある。
そして、一般的にまだアメリカのお菓子って浸透してないと思う。
そこにビジネスチャンス的なものもあったりするかなぁと思ったり。
でも全然、作り慣れてない。
(そりゃそうだ、ふつうのお菓子(アメリカンなお菓子以外)作る歴は
もう20年以上。てか20年ていう年数にいまびっくりした!)

anyway,悩み中だったので
ココに書いて頭の整理してみました。
ちょっとづつでも進めてるかしら、わたし。。

発達障害、かもしれない

August 18 [Thu], 2011, 22:44
ここ一ヶ月くらい、考えていたこと。
ちょっと区切りとして、ココにまとめます。

数年前、ここにも記録してたけど
自分はADHDっぽいってこと。
そしてここ一ヶ月改めて思ってたのは
アスペルガーの傾向もあるのかもしれないってこと。

これは発達障害っていうもので
精神病とかじゃなくて、産まれもった障害、特徴。
でも原因や治療方法がまだまだわかんなくって
診断さえちゃんとしてもらえないような
まだ歴史の浅い障害。
そして脳の障害なので見た目はぜーんぜん普通。

なにがきっかけで思い出したかって、
意外と身近にそういう障害を持っている人がいて
話してると、同じにおいがする!!と反応。
それから改めて、いろいろ調べたり、本読んだり
自己診断して。。

いろいろ悩んだし、悩み中だし
どーしていいのか分かんないけれど
一ヶ月悩んで、みえたことは、
なんとなく、他の人と違うなって感じてた
違和感が、ここからくるのかもしれないっていう
可能性が分かっただけでちょっと安心。


友達と話したときに聞かれたこと
「何に困ってる?」
その時はすぐ答えられなかったけど
こないだ、思いつくままに書き出してみて
とりあえず、大きく2つ。
(うっかり・人間関係の違和感)

もしかしたら、発達障害の人のことを
しることで、私にも何か参考になる事があるかもしれない。

冷静にまとめてるけど、
この文章間には、いろんな葛藤がある。
もちろん困ってることはこの二つだけじゃないし
診断してもらった方がいいのかな、とか
この傾向のせいで周りに迷惑をかけたり
それで自分自身も落ち込んだり。。

ただ、ただ、どんなに悩んだって苦しんだって
おそらくこの傾向とは一生付き合っていかないといけないから
どうやってうまく付き合っていくか
考えて工夫して努力しないといけない。

この傾向がほんとに発達障害なのか
それとも単なる私の個性なのか
どっちにしたって、この傾向はかわらなくって
対応していかないといけない現実がある。

もしかしたら、この傾向は普通のヒトも持っているのかもしれない。
もしかしたら発達障害を持ってる人しかわからないのかも知れない。
(最近、発達障害持つ人の話を読み過ぎて、共感しすぎて、
これって普通のひとなんじゃない?っていう錯覚におちいってるw
もはや何が普通か分かんない状態)

でもね〜、分からない人に言いたい。
辛いんです。。

この違和感やら罪悪感、罪責感、疎外感、
長年感じてたから、当たり前になってるけど
結構なストレスになってるんだと思う。

なんか長くなったけど、
ひょっとしたら発達障害かもしれなくて、
こういう傾向があるって分かってきたからには
とりあえず進まないといけないなって
見えてきたので。

きっと進んでは下がって、進んでは下がって下がっての
繰り返しでなっかなか前には進まないだろうけど。
そして、まったく目に見えないものではあるけれど、
少しでも前に進んだらいいなと思います。

ゆめのおはなし

July 02 [Sat], 2011, 0:22
カフェやりたい!!と言ってましたが、
よーく、よーく考えて、
やりたいことをもっともっと突き止めた結果、
カフェをしたいんじゃなく、
お菓子が作りたい、のが本音でした。

お菓子をたくさん焼けて、
その結果としてカフェがあればいいな、と思ったので
カフェをしたい、となったわけで。。

そして自分のスキルを上げたくなった。
お菓作りが好きな子じゃなくて、プロの技術をつけたい。
それで学校を探したけれど、
がーん。行きたいクラスは今年の後半は土曜しかやらない。
土曜はお仕事がある私には、毎週いけない私には意味がない。


あとね、カフェをしたいって思ったときに
感じたおっきいこと。人間性。
私にはこれがない!と思った。

まだうまく言葉にできないんだけど
カフェであろうとお菓子屋さんであろうと
なんていうのかな、
人を惹きつける魅力っていうか
人が集まる魅力っていうのかなぁ。
そう言うのがないなって、思った。

人をひっぱる力があるとかじゃなく
人が集まってきちゃう人っているじゃん。
外見が美しいとかじゃなく、
例えば面倒見がいい人とか
いっしょにいてあったかい気持ちになれる人とか。
つい手伝いたくなっちゃう人とか。

これって、何か1人ではできないことを
やろうと思ったときにとっても必要な
ある意味賜物だと思う。

賜物っていってしまうと
私にはもしかしたら与えられてないのかも知れないけれど
やっぱりこれがないと、
私がしたいなぁと何となく描いているモノは
実現できない。


いまのとこ、この二つが(経済面除いて)ある問題。
これが解決できたら、夢に近づける気がする。

どうしたらいんでしょう??

ちょっとショック

June 26 [Sun], 2011, 23:32
今日、やっと気がついた。
私、ある種の悪ふざけ?が嫌いで
周りが、おもしろいおもしろい!!とexcitingしてても
そんなに楽しくないのっ。

いや、まえからちょっと気がついてて
でもそのグループだけだと思ってたけど
そういうグループを幾つか経験し、
今日やっと気がついたorz...

I dont enjoy that!!

共通することは、internationalってこと。
internationalなひとはcrasyな人がおおい?

すっごいしょーもないけど
ひーはー言いながらみんな笑ってて。
まぁ、楽しいけど、そこまでか!?って感じ。

なんつーか、ふざけないし、
まわりからみたら、私見てて楽しい?って思うかも、だけど。。

なんか、うまくいえないけれど
そういう事、ああ私楽しんでなかったんだって
今日気がついてちょっと、ショックでした。

ちいさな祈り

June 13 [Mon], 2011, 0:41
正直、大好きな賛美もしたくないほどに、
信仰なんてなくなってた.

いっくら神さまのことを信じられなくなっても
なんで??と思うようなことがあっても
賛美をすることが嫌になったことはなかった。

メッセージを聞くのがいやになっても
教会へ行くのが面倒になった中学生の時でさえ
賛美はしてた。

そんな私が歌うことを拒んでたくらい
信仰は落ちてた。

でも、最近、ちょっとづつ回復してきた


来週、教会でみんなの前で歌を歌います。
(1人じゃないけど)
その練習を今日してて、久々に思いっきり
歌った気がした。

ちょっとすつ、ちょっとずつ。。

ぽっかり

May 20 [Fri], 2011, 0:25
じつは、少し前から、友達が「お店やらないか?応援(出資) するよ」と言ってくださる方がいて。
その友達とは、よくカフェしたいね、と話してて
私がしたいこともよ〜く分かってくれてる友達。

でも、いろいろあって、そのお話は断ることにして、
なんだかぽっかり。。

なんていうかな。
ほんとにお店をするかもしれない、って思うと
いろんな事がみえてきて。
足りない!って思うこと、
でも、同時にわくわくすること。

それがなくなってしまって
今のつまんないお仕事も
次に活きることがあるって、ちょっと我慢できたけど。

結局、振り出しに戻った感じ><

このことをお店の話がなくなったことで
私がもっと何をしたいのかが
よりクリアにはなったんだけど、
ぜーんぜん進んでない T T

このまま年くうだけなのかなぁ
それが嫌で、今年は動こうって決めたのに。
もうすぐ、今年も半分おわりそーです。

本当の目的

May 10 [Tue], 2011, 23:12
はい、GW東京へ行った本当の目的は
友達の友達の上司(社長)に会うため。

その方は、今ベーグルを売るお店の社長。
カフェの立ち上げもいろいろしてるってことで
お話をさせてもらうために。

忙しいのに、何時間もお時間頂いて
本当に感謝。

はじめっから
「カフェは大変だよ?やるの?ほんとに?」と
何度も言われました(笑)
「もう一回言って良い?大変だよ?」ってw

大変らしい。。

でも、私が鈍感なだけか、
おばかなだけか、大変さはあまりわからなかったww

大変なのはお金だけ?
あ、あと精神的にも大変って。

資金があれば、やりたいって、思った。
でもこれが一番、大変なんだろね。
、、、、大変だわ。。
普通にそんな資金貯められない(涙)
ふつーのOLだし。
しかもお給料低い低いと言われる業界ですからね。。。

うーん、それ以外にできる事ってなんだろう。
まだ、消化できてないのかな。

でも、出すお菓子に関しては、
意外と私のレベルでも大丈夫そうって事がわかって安心。
ちょっくら練習や工夫とかは必要だけど。

ドリンクはお勉強が必要だなぁ。

なんかね、やっぱり始めてからが大変。
どうやってまわしていくか。
カフェなんて単価が知れてるし。。

うわ〜、なんか考えをまとめながら書いてたけど
全然まとまんない。

でも、カフェをやっていくって、
すべて、なんだと思う。
出すモノを作ること、接客
経理とか仕入れとか、マーケティイングとか。

うわ〜大変。
でもできたらすごいよね!?
やりたいっす。

どうしたら、今の状態から
その道へいけるんだろう。
この疑問を解決したくて東京へ行ったはずなのに
あれ、まだ疑問が残ってる??

でも、実は答えもちょっぴり持ってて
それはある程度方向性は間違ってなさそうなんです。
その方向性も、資金がいるんだよねぇ(涙)
実家が近かったら良かった。。

あ〜〜〜。まとまんなくて気持ち悪いけれど
ちょっぴりちょっぴり、ちょっぴり過ぎて泣けるけど
がんばろ〜っと。。。

愛情

May 06 [Fri], 2011, 0:00
GW、実家に帰って、ひっさびさに高校の友達に会いました
その1人が、もう結婚もして2人もこどもがいるんだけど、
その子達を見てて、思ったの。
「なんて素直なんだろう!!」って。

お昼を食べに行ったとき
「ココ知ってるよ〜」って感じで
私の手を引っ張ってくれたような
しっかりした面もあるのに
「だっこ〜、だっこ〜!」って
素直に、だっこして欲しい時は激しく要求する。

下の子は、授乳してて
ちょっとの間、1人にしたら泣き出す。
「1人でほっとくわけないや〜ん」って
お母さん(友達)が抱きに行くと泣きやむ。

他にも、いろいろあったけど、
「ああ、こどもってお母さんの愛情がほしいんだなあ」って思った。
愛されてるって感じたいし、知りたい。
そしてその表現がとってもストレート。


「自分のやることを見てて欲しい。」
「一緒にいて欲しい。おいてきぼりにしてほしくない。」
「一緒に来て欲しい。」
「愛してくれてるって知りたい、確かめたい。」


これっておとなも一緒だよねぇ?
形は様々だけど、愛されてるって知りたい。

プレゼントを渡すことや
お手紙書くこと、メールすること、
お電話すること、一緒にご飯を食べること。。。
こういう事を通して、
愛されてるって確かめたい。

堅い言い方すると、他者から自己を認められてることを
認識し、安心したい。

寂しくて死んじゃうのは
うさぎだけじゃない。

これってこどもとかおとなとか関係なく
人間に必要なことだよね
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像こてら
» ゆめのおはなし (2011年07月04日)
アイコン画像すず
» ゆめのおはなし (2011年07月02日)
アイコン画像こてら
» ちょっとショック (2011年06月29日)
アイコン画像TK
» ちょっとショック (2011年06月29日)
アイコン画像すず
» ぽっかり (2011年06月03日)
アイコン画像kotera
» ひさびさ (2011年01月14日)
アイコン画像arata ezure
» ひさびさ (2011年01月13日)
アイコン画像こてらん
» 自信はない (2010年09月15日)
アイコン画像♪しょうちゃん♪
» 自信はない (2010年09月14日)
アイコン画像こてら
» 愛? (2010年08月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:w-w-j-d
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
name→mayumi place→Utsunomiya, Tochigi, Japan occupation→student hobby→making sweets, cooking, sawing etc.
http://yaplog.jp/w-w-j-d/index1_0.rdf