Last Christmas

May 17 [Sun], 2009, 20:22
奇跡なんて信じない…
神様だって僕は信じない…
あの日君を奪い去っていったもの全てから僕は目をそらしたかった……




Last Christmas





12月25日…子供にとって恋人たちにとって待ちに待ったイベント。
街もイルミネーションで飾られ賑わいをみせているそんな頃
僕は今年も一人、君が眠っているこの場所へやってきた…

静かなこの場所で君は今も奇跡を願っているの?
誓った約束をまだ君は覚えている?



12月××日〜某ラジオ局


司会「今日は今年の代表的なアーティストといってもいいでしょうこの方々3人にお越しいただきました」
龍一「こんばんは〜!龍一です」
涼平「涼平です。よろしくお願いします」
慶太「慶太です…」

司会「いやいや、今年もクリスマスの時期になってきましたが皆さんの予定は?(笑)」
慶太「…………」
涼平「…仕事です!!(笑)」
司会「でも…夜までではないんでしょう?その後は?」
龍一「そりゃあ〜ねぇ〜?」
涼平「ってなんで俺の顔みるんだよ!」
司会「お!涼平君は何か予定があるのかな?」
涼平「な、ないですよ!!今年も3人で食事するくらいです(笑)」
司会「そうなんだぁ〜。じゃあ3人でプレゼント交換とかするの?」
龍一「しますよ!!誰のがあたるかはわかりませんけど(笑)」
涼平「去年は俺、慶太のが当たってラジコンだった」
龍一「そうそう!!俺が狙ってたのにさ…」
司会「へぇ〜、3人は本当に仲がいいんだね!!」
慶太「そうですね…2人には本当に感謝してます」
涼平&龍一「慶太……」

司会「(な、なんでこんなにしんみりしてきちゃってるんだ?えっと次の話題…)」
司会「えっと…そうそう、みんなはサンタをいつまで信じてた?」
涼平「サンタですか?うーん…いつ頃だろう?」
龍一「小学校低学年くらいまですかね?」

慶太「サンタなんていやしない…ボソッ」

司会「え?慶太君なんて?」
涼平「慶太!!」

慶太「サンタも神様もこの世には存在しない…」

司会「ほほー!慶太君はサンタを信じてなかったんだ!!でもどうして?何がきっかけでサンタを信じられなくなったの?」
龍一「ちょっ…!!」

慶太「3年前に…」

龍一「慶太!!」

司会「お!!3年前!結構最近まで信じてたんだ!!(笑)」

慶太「一番大切なものを失ったから…」

司会「え?」

慶太「もしサンタがいるなら、今年こそ僕に失ったものを返して欲しい…
   神様がいるなら…もう一度失ったものに触れさせて欲しい……
   でも…もう戻ってこないから……」

司会「えっと…あの…慶太君?…」

龍一「と、とにかく!今年も俺たちはファンのみんなのサンタとして25日にイベントをします」
涼平「是非みなさん遊びに来てください!!よろしくお願いしまーす」

司会「は、はい。では25日に素敵なクリスマスを過ごしたい方は是非遊びに行ってみてくださいね。
   それでは…今日はありがとうございました」

龍一&涼平「ありがとうございました!!」

司会「リスナーのみなさんにはここで一曲。彼らの1stアルバムから『Winter story』」



♪〜〜♪〜〜〜♪


スタッフ「CMに入りました。お疲れ様です!!」

龍一&涼平「お疲れ様です」

司会「お疲れ様!!えっと慶太君?僕何かマズイ事聞いちゃったかな?」

慶太「…………すみません」


バンッ…



勢いよくドアを開けてスタジオを飛び出した
街に出れば恋人達の笑い声、店から流れるクリスマスソングが聞こえてくる…
だけど僕にはそんな賑やかな音は必要なんてなかった
ただひとりになりたかった…君の事を想うだけになりたかった…


この世からクリスマスなんてなくなってしまえばいいんだ!
3年前のクリスマスの日から僕はそう思うようになった…

美月…君がいなくなったあの日から……






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chiho
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
P R