プライベートとの両立

March 03 [Thu], 2016, 12:18
私の友達にも、看護師をしている人がいて、給料がいいと羨ましいなどといわれるのです。でも、看護師の業務内容は、夜勤もあり、生活サイクルが一定にできませんし、職場の環境は、女性多数で特殊ですから、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。



こういったことを考慮したら高いといわれる給料も当然でしょう。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。



万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。



規模の大きい病院に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。もしかしたら、看護師は医療ミスとは縁が無いと思っている方が少なからずいるかもしれません。よく医師の手術の医療ミスが話題にあがっていますしね。でも、注射であったり点滴を打ち間違ったり、最悪のケースだと、訴えられてしまったという場合もあるのが看護師です。看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業のことをあらわします。何が異なるかというと、以前は男性を看護士、女性を看護婦と位置づけるように男女で区分して呼んでいたのです。近頃は、男性女性とも、看護師という呼び名に統一されています。



看護師が引っ越しで転職するような時は、土地カンのないところでの転職先探しが大変苦労します。

職場環境、現地での評価などを自分で全て調査するのは不可能でしょう。
近隣の市町村で探す時でも、自分の期待に合った転職先を探すと、想像以上に求人の情報が少なく、びっくりするでしょう。



看護専門学校に3年間在籍し、国家試験を受けるにあたって要する資格を得られるのです。

このやり方で免許を取得しようとする人が一番多いです。
実際に病院で実施される実習が他に比べると多いということもあって、就職後にも順調に仕事が行えるでしょう。看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、募集案件が多数紹介される頃まで待機すると無駄がないでしょう。
看護師に男性でもなれるのかを調べてみました。

もちろん、女性の看護師が大半であるものの、男性看護師もいます。


患者が男性の場合、女性の看護師に世話をやってもらうのが照れくさいという場合もあります。
そのような時、看護師の中に男性がいるととても喜ばれるでしょう。

病院では普通、看護師が注射や採血を行います。普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないようにしてもらいたいのが人情でしょう。



ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。
看護師の業務は一般的には厳しい労働だと認知されています。これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により仕事をする時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。

長い労働時間に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、慢性的に疲労とストレスを抱えている看護師が大部分でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vzbhtateirwhgm/index1_0.rdf