うつ病の薬は偶然発見??

April 25 [Thu], 2013, 16:45
「うつ病を含めたさまざまな病気は全て尿酸の蓄積によって起こる」という、現代の知識では正しいとは言えない理論が提唱されていた。そしてその尿酸を溶かし出す薬物としてリチウムが用いられたのである。リチウムを飲めば尿酸が溶かし出せる、という点も怪しいものであり、全体として、科学的な根拠は乏しかったが、結果としてこの薬を服用したうつ病患者さんたちは、症状が改善したといいます。

うつ病の違いブログ
抗うつ剤の主な副作用としては、口や喉の渇き、めまい、眠気、食欲の増加、排尿障害などがあります。薬によって、副作用の種類や強さがちがいます。また、薬の長期服用で肝機能障害などの重い症状がでたりするので注意が必要です。現在うつ病に用いられている薬は、偶然に効果が発見されたものばかりなのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あみ
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vyt507jtg8/index1_0.rdf