証券口座とペイオフ

April 29 [Fri], 2011, 19:36
証券口座とペイオフ
少し古い話ですが、平成9年に最大手の山一證券が倒産しました。証券会社が倒産した場合、預けてある株券、口座に入金したお金(預け金)がどうなるのか?ちょっと心配になるところだと思います。証券口座の資金は保護されているのでしょうか?実際に制度などを見ていきましょう。
 ペイオフ解禁
ペイオフとは、金融機関が万が一倒産した場合、預金者の保護のため預金保険機構により 1人あたり元金1,000万円までとその利息を保護する制度です。それを超える元金および利息は保護されません。もし仮に1,000万以上預金していたら、超える部分については・・・もう、おわかりですよね。
株購入とまったく関係のない余談ですが、面倒でなければ1,000万円ごとに銀行を変えることをおすすめします。自分1人の名義の通帳残高だけでなく、家族の名義を借りただけの場合は通帳残高を合算した合計金額になるのでお間違いなく。借入金がある場合には、預金と相殺されるのでその限りではありません。(また、決済専用など全額保護口座もあるので、口座を持っている銀行に問い合わせてみてください)
 口座に入金されているお金は全額保護
証券会社の倒産について少し調べてみました。証券会社が倒産した場合、「証券取引法第47条」により、証券会社の預かっている株券、口座に入金されているお金は全額保護されます。ただし、証券会社が明確に自社の持つ資産と区分して保管していること、「分別管理」していることが条件です。
法令違反を犯していて万が一「分別管理」を行っていなかった場合には、「投資者保護基金」から1,000万円を限度額に預けたお金を補償してくれます。ちなみに、「投資者保護基金」は、証券会社の加入が義務付けられています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vyo9yg7s
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/vyo9yg7s/index1_0.rdf