離婚は協議書で冷静に対応しましょう!

2013年03月18日(月) 15時14分
離婚のお話しです!

お互いに最初は愛し、愛されて結婚するのですが
途中で、歯車が合わなくなって、不幸にも離婚という
ケースが最近は多いとの事です。

そこで登場するのが離婚協議書という書面です。


腹立ちまぎれに勢いで離婚届にハンコをペタと押して
しまうのは後に大失敗ということになり兼ねないですからね。

離婚協議書というのは、離婚をするときや離婚をしてからの色々な
約束事などを書面にしたものを離婚協議書といいます。


離婚協議書というのは、離婚の前に決めるのが一般的で
たとえば離婚協議書の内容としては、子どもの親権や毎月の養育費、
慰謝料などについても離婚協議書の内容に組み込まれることになります。

離婚をする二人が感情的になっているというケースの時には、誰かに間に
はいってもらって離婚協議書を作成することがいいようです。


離婚協議書がなぜ必要なのか?、

それは、離婚をした後に、約束を守らないとか、
そんな約束をしていないとか、いったことになってトラブルに
ならないためにも離婚協議書を作成してゴタゴタと揉めないためにも必要ですね。


でも、離婚協議書があっても、その内容が全面的に必ず守られると
いうことは なさそうです。

人生って約束していても生きていく上で、予期せぬ事が
多田大有りなんです。

離婚協議書による法的な効力は全くないのですが、
公正証書にしておけば離婚協議書の内容も守られる事もあるからね。。

もしも相手が離婚の際に公正証書を作ることを
賛成しないといった場合でも、離婚協議書だけは作っておいた方が
絶対にいいと思います。


離婚の後のトラブルを避けるためにも、離婚協議書はとても大切な
もので証拠となるものですから。。。。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:管理人
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月8日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:
読者になる
いらっしゃいませ!
ヤブログにお仲間入りしましたアンアンです。