膝の痛みの治療

February 19 [Fri], 2016, 18:11
膝の痛みの治療
まずは整形外科で診察を
腫れがある場合は、冷却
膝炎症あれば、膝が腫れることがあります。アイシングをして患部を冷やし熱をしましょう​​。後に湿布を貼るのも効果的です。
筋力強化にも効果的
サプリメントのオールウェイズ闊歩も効果的です。
膝周辺の筋肉を使用しない場合、筋力が低下します。強い炎症がおさまれば、膝に負担を かけないように注意して、膝を伸ばしたまま足を挙上運動をしましょう。
膝の治療をする場合は、まず整形外科を 受診しましょう​​。問診、視診、促進、膝X線などの検査を介して病名と原因を診断されます。
・手術療法
運動療法で症状がよくならない場合、または痛みがひどく、日常生活に支障が出る場合は、手術をすることもできます。半月板損傷や骨の拍車(要領曲)があるなどの関節の変化があまり進んでいない場合は、内視鏡とする「関節私の廓清術、関節内にブリトーだけ?「O脚が進行されて、手術して、X脚シミ矯正する「高位脛骨骨切り術」の関節を人工関節に置き換える「人工関節置換術」などがあります。
膝が痛い原因は、加齢やスポーツ、これまでの生活習慣など様々です。一度身に着けてしまった関節軟骨を元の状態に戻すのは難しいが、痛みを和らげる元の生活をすることができるように治療をしましょう​​。

主な治療方法

February 19 [Fri], 2016, 23:47
主な治療方法
膝の痛みを放置して症状が悪化するため、膝の状態に応じて治療法を組み合わせてみましょう。
・薬物療法
痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤を使用して、炎症を抑えます。塗り薬や貼り薬、内服薬、座薬などがあります。また、関節液や 関節軟骨に含まれる成分、ヒアルロン酸を膝関節内に注入して、関節軟骨の動きをスムーズにします。
・装具療法
装具を使用することで、膝をサポートして校正したり、痛みを緩和します。サポーターひざを固定し、足の外側を高める足裏板を装着してO脚矯正します。骨関節炎が進行して超えやすい場合には、杖を使用しているも効果的です。
理学療法
高熱と風邪の治療があります。温熱療法は、熱や腫れがなく、慢性的に病気の場合に実施します。家庭ではバス、暖かいタオルをニーパッド、温湿布をするなどがあり、病院では、電気、赤外線、レーザーなどを当て膝の痛みを抑えます。膝関節が腫れたり、熱があったりする場合は、風邪の治療をして、氷の歌などで冷やします。
・運動療法
適度な運動を することにより、膝を支える筋肉を鍛え、膝関節への負担を軽減し、関節の動きの範囲を維持しています。太ももの筋力向上、ストレッチ、ウォーキングなどをお勧めします。症状が落ち着いて膝を動かせるようになると開始します。運動療法を開始する前に、専門医の指導を受ける方がいい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:emi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vycr03asuh/index1_0.rdf