奏思奏愛

December 04 [Mon], 2017, 16:02
月の光に誘われて
有限の中から
幾多と存在する
境界線を跨いでは
君の音色を探す旅へと
夜行列車を銀河に飛ばす
それは
時空を超えても
輝き続ける君の心に
甘い林檎を届けるため
右手のフォークで星を鳴らすの
流れ星も
ほうき星も
天の川も
僕の想いが
君の琴線に響くように
相通されていく
道具の一つぐらいで構わない
そうやって僕だけしか
奏でられないリズムを
君が受け止めてくれたのであれば
僕のリズムの上に
君のストリングスを重ねてくれたらいいな
いつか消えてしまう古い星の光を散りばめて
永遠という名前を付けようよ
君から溢れる全ての雫を
この両手で受け止めて
そこに僕から溢れた滴を垂らす
点は線になって
思は想に変わり
単が音になり層が奏になっていく
互いの甘声を
恋に蜂蜜を一緒に注いで
遊ぼうね
不揃いの林檎が
重なって豊潤に富んだ時には
それを2人で
愛し合いましょう
月が綺麗ですね。

蒼蝿水(FLY D5原液)
SPANISCHE FLIEGE D6II
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vxkeuejs
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる