追憶 

2008年03月06日(木) 23時01分
3週間弱、ちょっと日本を離れていました。

好きな人も一緒だったから、自分の気持ちを確かめられると思ってた。

でもやっぱり、好きなんだけど、

励ましてあげたい、守ってあげたいて思うんだけど、

友達の域を出ないんだってことがわかった。未来を描けない。

嫌いになったわけじゃないから、

やっぱりずっとこれからも身近な大切な人ではあると思う。


何よりもびっくりしたのは、

旅中、バスに乗ってたり、列車に乗ってたり、ボートに揺られたり、

森とか田圃とか川を見たり、星空や夕日や朝日を見ていた時に、

隣にいてほしいのは、ただただ思い出すのは、見せてあげたいのは、

去年別れたあの人だった。


思い出すのは、仕方ない。

だってちょうど1年前に付き合ってたんだし。

ちょうど今頃、向こうも旅行してたんだし。同じ場所が好きなんだし。

わたしはちょうど1年、あの人の後ろを歩いてるんだし。

大好きでしょうがない友達が、同じところに就職するんだし。


別れて、他の人を好きになったことで、客観的になれたのもあると思う。

あの人がくれた愛のあたたかさとかありがたさとか、

やっと、受け止められるようになった。

あの人からもらったものに比べれば、

私はなんてちっぽけでばからしいことにこだわってたのかって

今では思うことができるけど、あの時別れたことを後悔してるわけじゃない。

やっぱりそこまで私は追い込まれてたし、

それを理解してもらおうとしなかった私と、

そっとしとくことができなかったあの人が、

ちょっとうまくかみ合わなかった。

それは、仕方のないことで、あの時は一番正しい選択だった。


今、もう一度あの人に、会いたいって思ったりする。

今、ちゃんとあの人に、ありがとうって言いたいって思う。

それは、よりを戻したいってことなのかは、自分でもわからない。

どうやっても距離が減るわけじゃないし、状況は変わらないんだから、

私がこれから何をどうひっくり返そうとしたって、楽にはなれないよね。


でもね、やっぱりね、私はいつでも問題意識が高い人でいたい。

それをきっと喜んで見ていてくれるあの人の側で、

あの人を支えられたら、それは幸せかとも思う。

どうなるかわからないけど、今は血の迷いかもしれないけど、

たぶん一番慎重にならなきゃいけない所なんだけど、

ていうかもう彼女がいるのかもしれないんだけど、

ありがとうって伝えることは、してもいいかなぁ?

自己満?

かえって傷つける?

すき 

2008年02月03日(日) 1時19分
久しぶりに読んだ、このブログ。

3か月で終わった恋を、思い出すのも嫌で、しばらく触ってなかった。

3か月も思いを継続できなかった自分が、いやだったの。


1年たって、ほんとにちょうど1年がたって、

違う人を好きになり、

はじめてあの人の気持ちがわかった気がする。

未来を一緒に歩きたいって言ってくれたあの人の気持ちが。

私は、今好きな人と付き合うことはないと思うけど、

でも、好きになってよかったと思う。ほんとうに。

いやなところもたくさん知ってるけど

話してたらむかつくことなんて山ほどあるけど

でもやっぱり すき なんだなぁと思う。

音楽を聴くたび、思い浮かぶあの人は、

彼氏にしたい人 ではなく

単純に 好きな人 なんだなぁ。

別れる 

2007年04月14日(土) 22時55分
別れ話をした。

42分@電話

どうしても、明日、会いたくなかった

それがわがままだとわかっていても

自分が人を傷つけていない「つもり」で、

自分の理想を振りかざす

あの人に会いたくなかった 話したくもなかった

これまで、自分がすごくいっぱいわがままを言ってきたのはわかってる

私にも悪いところがたくさんあるのはわかってる

それでも

やっぱり

あのひとの悪いところばかり目につく

いやなとこばかり目につく

自分の人生を自分で決められないこと とか

デリカシーのないことを平気で口にするところ とか

人のペースを認められないところ とか

いろいろ

「前の彼氏と別れてから時間がたってるから

人とちゃんと向き合えないんじゃないの?」

っていう言葉、本当に、耳を疑います

ただのひとこと、

でも

人ってたったのひとことで簡単に傷つくものじゃない?

「そんなつもりはなかった」

って そう言われても

出てしまった言葉は もう 戻らないんだよ


たぶん、はじめは 好き って気持ちがちゃんとあった

やさしいところ とか

人を尊敬できるところ とか

何より、こんなわたしを認めてくれている(ように見えた)ところ とか

でも

やっぱりもうだめだよ

いっしょにいても楽しくない

ちっとも笑えない

泣きたくなる

さわりたくない

きすもしたくない

それを

中学生の恋愛じゃないんだから

っていう言葉ですませようとする

あのひとのセンスを疑ってしまう


そのままでどうやって恋愛していくのって言うけど

そんなんあんたには関係ないじゃん

だって恋愛ってもともと「こうすべき」ってカタチがあるものなの?

今のわたしと今のあなたと

無理のないかたちでやっていけばいいことだと思ったけど?

それを

「○○のペースにおれは合わせてるつもりだけど」

ってことさらに言うのはどうして??

私だって、そんなこと言われる前は

「あなたのペース」に合わせて

メールだって返したし電話だって出てたじゃない

街中でハグされても拒否しなかったし

外でのキスだって拒否しなかったよ

私のペースとは明らかに違うことだったけど

それを、口にすべきだとは思えない


次に誰かと恋をするなら

もっとちゃんとお互いに分かり合えてから恋をするよ

いいところも 悪いところも 全部

理解しあえるようになってから

あなたとはちがう

自立した大人の人と恋をしたいよ



てんしょん 

2007年03月18日(日) 0時19分
テンションが落ちて落ちて落ちまくって

ようやく 浮上してきた

なんか

今日は 面接? ボランティア? がんばってね!

ってメールをよこすあの人に、

たまにはゆっくりやすんでね

たまにはいきぬきもしてね

っていう声をかけられないのかと、いらついてみたり。

たまの休日を遊んだことに対して、

おれも一緒にあそびたい、

ってゆってくるあの人に、

休日くらい一人にさせてくれ、ってムカついたり。

どんなに身近な家族だって

どんなに大好きな親友だって

別に私が一番求めている言葉を、一番求めている時にくれるわけじゃない

だから、あの人の言葉が私の不快感をつのらせることだって

べつに特別なことじゃない

あの人が私のことをはげまそうとして声をかけている(はず)だってことくらい

わかってるけど

それでも どうしても いらついてしまうものは むかついてしまうものは

仕方ないことなんだ


価値観が合わない っていうのは きっと だれとでもあって

人間社会で生きていく限り

わたしは気難しいこの性格と折り合いをつけていくしかない


結局

極端にテンションが落ちていたこの数日間

メールをするのをやめていました

自分の生活だけ大切にしていました


すぐにこうやってライフラインを遮断するような人間に

遠距離なんて向いてないのかな

でも 近くで会いたい会いたい言われるよりはずっと私の精神衛生上にはいいので

はやく 遠くに行ってしまってほしい

4月いっぴから配属先に行っちゃえばいいのに


帰ってきてからも、就活の合間合間に会いたい会いたい言われるかと思うと

やっぱりテンションは落ちていくのですが

顔を見たらあっさり許せてしまうものかもしれないとか

思ってみたりします


なんにせよ、今が一番勝負時なので

気を引き締めて、

自分の未来を 自分の力で 描いていこう


結局、答えなんか出ない問題ばかりとかなきゃいけない人生において

大切なことは

正解を導き出すことなんかじゃなくって

何かを選び抜く力と、のこりの選択肢を捨てる覚悟だって思う

がんばれ わたし


結局 がんばれって わたしに言っていいのは わたしだけだ

がんばれ がんばれ がんばれ

がんばること 

2007年03月15日(木) 11時10分
おととい 電話がきて

その日の面接はうまくいったよ という話をしたら

さくさく受かってて、さすがだね

と言われた

別に私はさくさく受かってるわけじゃない

さくさく落ちてるし

それなりに努力もしてるし

苦労もしてるし

なんでそんな言葉しかかけられないの とむかついた

私は

がんばってるときに がんばれ って言われるよりも

うまくいっていることを さすがだね って言われる方が 嫌いです

だって

わたし、がんばれてるよね? がんばれてるからだよね?

別に

わたしだけが がんばってるなんて 思ってない

わたしよりもがんばってる人なんて たくさんたくさんいるってことくらい わかってる

でも

私のキャパが人より大きい って言われるのは

そういう「人」よりがんばってるからだと思うし

少なくとも 私は 11月から 真剣に就活を続けてきたわけだし

ずっと面接受けてきたわけだし

ずっと落ちてきたわけだし

悔しい思いもしてきたわけだし

そろそろ その努力の結果が実ってもいいころでしょ? 

それを わたしの もともとの 能力みたいに言われるのは

はっきり言っておもしろくない


あの人はそういうつもりで言ったわけじゃないってわかってるけど

わたしは、この精神的に不安定な時期に

そんなことまで考えられない

気を配れない

だめだめな人間なんです

やっぱり 

2007年03月09日(金) 21時27分
どこかさみしいです。

私が来年 海外に行ったら、

ちゃんとあの人に 連絡とってあげられるのかな

待ってる方って、置いて行かれた方って、

想像以上のさみしさがある

メール1つで元気になれるのにな

メール 

2007年03月04日(日) 23時21分
1日にね、

たった2通くらいのメールをね、

すごく楽しみにしてしまうんです。

携帯をね、手放せないんです。

いつ、メールくれるかわからないじゃない?

もしかしたらね、1通しかもらえないかもしれない。

もしかしたらね、仕事が始まったら1通ももらえないかもしれない。

でも、それだけはいやなんだとおもったんです。

keep in touch with me


なんだかんだで、

それでもわたしは普通の女の子に比べてさみしがりやじゃないから

さみしい、って口に出せるほどのさみしがりやじゃないから

それが、むこうを不安にさせるのかな。

今は、まだ、1か月しか付き合ってないから、

すごくすごーくやさしいけど、

いつか、あの元カノに対してみたいに、

きつくこわくなっちゃうのかな。

わたしにどなったりするのかな。

そう思うと、やっぱりこわいんだ、これからが。

いつまでも、あのやさしい人でいてほしい、って思うんだ。


こんなこと、ブログで処理していい気持ちじゃないってわかってる。

伝えなきゃいけないことなんだってわかってる。

だけど、言えないことってあるよね?

どうしたらいいんだろう。

ひなまつり 

2007年03月03日(土) 23時28分
トルコから携帯にメールがきた。

それをよんで、思わずにやける自分がいます。

こういうちょっとの幸せを、ちゃんと向こうに伝えるべきなんだろうけど、

やっぱり恥ずかしくってできないんです。


ひなまつり。

女の子の日。

そして、好きと言ってもらえた日から、一か月。

まだたったこれだけしか経ってない。

なのに、将来のことを、あの人込みで考えるようになった。

実際、卒業前に別れちゃう可能性だってあるのに。

それでも、ちゃんと、ずっと、あの人の関心を引き続けたいって思うんです。

ずっとずっと。

ありがとう。

すなお 

2007年03月01日(木) 10時16分
明日、海外へ旅立ちます。

むこうが。

今日、就職先に、配属希望を出すみたいです。

九州・沖縄。


私はそれを望んでたんだけど、

やっぱりさみしくなくはないよね。当たり前。

でも、自分の夢とか、ほんとにやりたかったことを、

実現させようって思ってくれたのはすごくすごーくうれしいです。

しかも、その夢が戦争・平和報道なんて、私はやっぱりうれしいの。


私は、これまで21歳になるまでに、

たくさんたくさん、平和ってものを考えるきっかけをもらってきたけど、

そういうわけではないのに、それを夢にできるのは、

やっぱり尊敬に値すると思ったのでした。


実際に配属先が決まるのは、4月中旬。

それまで、どこに行くかはわからないけど、

やっぱり行きたい所に行ってくれるのがいちばん嬉しいって思いたい。

6年って長いけどね!

去年までは5年だったと聞くと…1年だけでもはやく戻ってきてくれるといいのにな。


これから、社会に出て、あの人より仕事ができる人はたっくさん会えると思う。

でも、

あの人くらい、私のこれまでを認めてくれる人はいないんじゃないかとも思う。


こういうのを口で言えるようになればいいのにね。

まえむき 

2007年02月27日(火) 0時17分
今日、就活で言われたことにちょっと傷ついて。

でも、よく考えたらまだチャンスはもらえるわけだから、ちゃんと消化しようって思った。

だって、テンションは低いけど、前向きなところが私のウリだから。


夜、小学校時代からのともだちと、電話する。

すっきりする。

私、ほんと友達に恵まれてる。

はなしてるだけでうれしくなる、話を聞いているだけで、安心できる、

そういう友達がほんとうにたくさんいるんだよ。

感謝しなきゃね。

ありがとう。

おやすみなさい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆな
  • アイコン画像 現住所:茨城県
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる