司書通信教育で資格を取る(^ω^)

June 23 [Sat], 2012, 22:08
司書の勉強では「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」に分かれており、それぞれ目的や学ぶ内容が異なります。司書通信教育では、機能や能力をいかに伸ばして活用するかが重要なポイントとなります。今後は、ますますニーズが高まる図書館において、司書の資質の向上が求められることが予想されますので、試験合格のハードルは高くなるかもしれませんね。4年制の大学が最も難易度が高く、次いで短大、専門学校、通信教育の順になっています。最も向いていない人は、人とのコミュニケーション能力がない人です。せっかく司書の資格をとっても、向いていない人は、長続きせず、すぐに辞めてしまう場合もあるということです。利用者さんは、さまざまな不安な気持ちを抱えてやってきます。具体的には、どこで受付すればよいかがわからない人の相談にのったり、カルテを受け取った利用者さんを資料室に案内したり、指導が必要な利用者さんを誘導したり、カルテや資料を運ぶメッセンジャーとしての業務も行ないます。ほかにもいくつか司書資格を取得する方法がありますので、よく確認しておきましょう。子供と一緒になって、走ったり遊んだりすることになりますので、体を動かすことが嫌いな人にはつらいでしょう。もちろん、体力がない人にも不向きです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようた7
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vvp3jv9/index1_0.rdf