IEの解放済みメモリを使用する脆弱性の検証レポートを更新(NTTデータ・セキュリティ) / 2010年04月05日(月)
NTTデータ・セキュリティ株式会社は3月31日、同社が3月12日に発表した「Microsoft Internet Explorer(IE)に発見された、解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート」を更新した。これは、マイクロソフトが本脆弱性の修正プログラム(MS10-018)を公開したことを受けたもの。本脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取されるというものであったが、修正プログラムを適用した上で再度検証を行った結果、脆弱性の再現ができなかったことをレポートに追加した。


【関連リンク】
IEにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート(PDFファイル) 4月2日15時42分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000001-vgb-secu
 
   
Posted at 15:51/ この記事のURL
IFRSタクソノミの日本語翻訳版を公表、IASCF / 2010年04月05日(月)
 IASCF(国際会計基準委員会財団)は3月30日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)で利用できるXBRLタクソノミの日本語翻訳版を公開したと発表した。IASCFは英語のIFRSタクソノミを中国語や韓国語、フランス語などに翻訳していて、日本語訳についても作業を進めていた。

 日本語に翻訳したのはIFRSタクソノミの2009年版。まずは項目の表示順などを定義するリンクベースのみがダウンロード可能で、IFRSタクソノミの内容を確認できる「IFRS Taxonomy Illustrated」や、利用支援ツールの「The IFRS Taxonomy Modules Manager」の日本語対応は、まもなく開始する予定だ。

 IFRSタクソノミの2010年版は現在、公開草案を公表しコメントを集めている。 IASCFは最終決定でき次第、2010年版の翻訳作業を開始するとしている。 4月2日20時32分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 15:18/ この記事のURL
女性モデルそっくりのロボット開発、人間のような感情表現 / 2010年04月05日(月)
 大阪大学の石黒宏教授と国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)は3日、実在の女性そっくりの姿で、表情を遠隔操作できるヒト型ロボット「ジェミノイドF」を大阪市内で発表した。ジェミノイドFはサンリオ子会社のロボットメーカー「ココロ」(東京都羽村市)が製造し、約1000万円で5月に販売される。

 ロボットは、20代の女性の容姿を再現し、座った状態の高さが140センチメートル、重さが30キログラム。ロボットは12個の駆動装置を空気圧で動かして表情を作っている。手足は動かないが、目、口、まゆ、首など9カ所が動く。パソコン上の操作で、笑う、怒る、悲しむなどの表情を作れ、操作する人の音声を再現して対話もできる。

 開発者らは「これまでの実験データから、患者が医者に問診を受けるとき、ロボットがうなずいたり、微笑みかけたりすることで、患者の精神安定につながることが分かっている」とし、病院や博物館など実生活での活用に期待していると述べた。

 海外でも複数のメディアが報じている。米紙によると、同じ衣服を着たロボットのモデルとなった女性は、「まるで双子の姉妹ができたようだと思ったが、操作してみると自分自身のように感じた」と親近感を持った様子で話したと伝えている。

 また石黒教授は、米紙に「新しい技術は心配や反感を持たれることが多いが、研究者としては、ロボットが人間のような感情を表現できるようにしたい」と抱負を述べた。石黒教授は、これまでにも自分そっくりのロボットを製作した実績をもつ。(編集担当:桐山真帆子・山口幸治)

【4月4日10時46分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-scn-sci
 
   
Posted at 14:45/ この記事のURL
中国の映画興行収入、世界平均の6倍以上の伸び―米映画協会 / 2010年04月05日(月)
2010年4月2日、アメリカ映画協会(AFI)がこのほど発表したデータによると、中国の映画興行収入が世界平均の6倍以上のスピードで成長していることが分かった。広州日報が伝えた。

同協会によると、09年の世界全体の興行収入は、前年比7.6%増の299億ドル。中国に限れば同42.96%増の9億900万ドルで、その伸び率は世界平均の6倍以上となっている。さらに、北京市では同52.8%増の1億1870万ドルに達し、世界平均の約7倍の伸び率を記録した。

【その他の写真】

中国の興行収入は、最近数年、連続して30%以上の伸びを記録しており、世界各地の映画業界から羨望の的となっている。こうした状況について、中国のビジネス誌「中国商業評論」は、「中国市場の無尽の潜在力はハリウッドの投資家を惹きつけ、彼らは今後中国の映画市場でしのぎを削ることになるだろう」と評している。(翻訳・編集/HA)

【4月5日8時59分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000004-rcdc-cn
 
   
Posted at 14:14/ この記事のURL
フィアット パンダ をリニューアル / 2010年04月05日(月)
フィアットグループ オートモービルズ ジャパンは、フィアットのコンパクトカー『パンダ』と、上級装備品を装着した「パンダ - マキシ」の2モデルをリニューアルし、3日より販売を開始した。

[関連写真]

フロントグリル、ドアミラー、メーターパネル、ホイールキャップ(パンダのみ)が新デザインとなり、ルーフレール(パンダ - マキシのみ)が新色になる。

エンジンや寸法などの主な諸元は従来型と同様で、直列4気筒SOHC8・バルブエンジン搭載の総排気量1240cc、ATモード付5速シーケンシャル・トランスミッション「デュアロジック」、5ドア、右ハンドル仕様となる。

全国メーカー希望小売価格はパンダが172万円、パンダ - マキシが192万円。両仕様ともエコカー補助金制度(環境対応車普及促進対策費補助事業)の対象車だ。

《レスポンス 高木啓》

【4月4日14時33分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000002-rps-ind
 
   
Posted at 13:42/ この記事のURL
ドラマ「華麗なる遺産」、日本で最高視聴率記録 / 2010年04月05日(月)
【ソウル1日聯合ニュース】日本のフジテレビで先月2日から放送されたイ・スンギ、ハン・ヒョジュ主演のSBSドラマ「華麗なる遺産」が同30日、好評のうちに最終回を迎えた。

イ・スンギのプロフィールと写真

 ハン・ヒョジュの所属事務所、BHエンターテインメントが明らかにしたところによると、「華麗なる遺産」は月〜金曜日午後2時に放送され、視聴率は初回が5.3%だったが、24日には9.7%、最終回は8.0%を獲得した。過去10年間、日本で同時間帯に放送されたドラマの中では最高視聴率を達成し、日本のドラマ関係者らも驚いているという。



【4月1日17時43分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000024-yonh-ent
 
   
Posted at 13:11/ この記事のURL
「アデランスは私です!」第2弾CMの解答篇公開! あの人の頭が…… / 2010年04月05日(月)
 新庄剛志、高嶋政宏、八嶋智人が出演した「アデランスは誰でしょう?」CM第2弾。本日よりオンエアとなる、その解答篇「Run-Answer篇」が公式サイトで公開された。

さまざまな角度から見た頭部などCM画像
 
 今回のCMでアデランスの短髪用ウィッグ「RF-2」を着けていたのは、俳優の高嶋政宏。解答篇では、頭髪の中央部を剃り落とした衝撃的なビジュアルを披露している。ウィッグを着けた状態で、全速力で走るなど刑事ドラマ風のアクションをこなしたこのCM。解答を知っている共演者の2人でさえ、高嶋の頭部に何度も目をやりながら「本当にわからない」と半信半疑の様子だったというから、今回も見事にだまされた人は多いのでは?
 
 そんな解答篇CMの映像は、「アデランスは誰でしょう?」公式サイトで見ることができる。なお、スキンヘッド姿の新庄剛志が話題となった第1弾CMもあわせて公開中だ。

【4月5日7時31分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000000-rbb-ent
 
   
Posted at 12:41/ この記事のURL
話題は3D / 2010年04月05日(月)
Gamez Weekly Access:今年6月にロサンゼルスで開催されるE3で詳細が発表される予定の、ニンテンドーDSの新たな一歩となるニンテンドー3DSが採用した裸眼立体視についての記事がもっとも読まれる記事となりました。

 裸眼立体視と10年度に発売されること、そして既存のソフトが引き継げること以外は特に情報はなく、情報がないからこそさまざまな憶測を呼んでいます。

 裸眼で立体視に見えるとはどういうことなのか? まさかマリオが目の前に立ちあがるわけはないと思うが、すでにある技術を取り入れるのが得意な任天堂だけに、どうゲーム性を組み込めるかがキモとなりそうです。なんにしろ、E3以降は順次情報が解禁されると思うのでそれを楽しみに待ちましょう。編集部の予想としては、据え置き機の次なる施策が3Dだと踏んでいただけに、携帯ゲーム機に先だって採用したことを驚きました。

 それにしてもなぜこのタイミングで発表したのでしょうか。この手の新機種などは発表会やカンファレンスまで伏せておき、大々的に発表するのが常です。年度末だからでしょうか……。おかげで慌ててしまいました。2010年度期には発売したいとしていますので、きっと試作機などは動いていることでしょう。早くこの手で触れることを願っています。

●Gamez Weekly Access Top10(2010年03月22日〜2010年03月28日)

1. ニンテンドー3DSで採用される「裸眼立体視」技術ってどういうもの?
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/24/news071.html

2. 専用レコーダーとの違いは? トルネでできること、できないこと
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/19/news074.html

3. まさにコロンブスの卵! Twitterのフォロー欄で「あのゲーム」を再現
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/26/news090.html

※ランキングTop10
→http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/31/news084.html

【4月4日10時7分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-zdn_g-game
 
   
Posted at 12:41/ この記事のURL
【ゲームニュース一週間】モーションコントロールと暴力表現:「動きまで真似させるのは度が過ぎている」 / 2010年04月05日(月)
今週は暴力表現とモーションコントロールの取り合わせに関する興味深い指摘が見られました。

『スプリンターセル コンヴィクション』を手がけたMax Beland氏はモーションコントロールの危険性について語っています。

「ゲームにモーションコントロールを追加するのは面白いと思うが、扱いにくいと思う部分もある。我々が作っているのは暴力要素のあるゲームだ。ボタンを押すだけならともかく、プレイヤーに動きまで真似させるのは度が過ぎている。これは道徳的に興味深い問題だ。『スプリンターセル』では格闘戦で敵を殺すが、モーションコントロールでそうしたいと思うだろうか?」

氏の作品『スプリンターセル コンヴィクション』では実在する軍隊格闘技「クラヴ・マガ」が登場、主人公サム・フィッシャーは流れるような動きで敵を制圧します。もし、こうしたアクションをモーションコントロールで体感できるなら、それは大きなセールスポイントになるのではないでしょうか。

モーションコントロールによる格闘戦の疑似体験は画期的であると同時に物議も醸しそうです。「動き」にはそれだけの説得力と可能性があります。

プレイステーション3は「PlayStation Move」で、Xbox360は「Project Natal」で、それぞれモーションコントロールに対応することを表明しています。両ハード共にハードコア層向けのタイトルが中心となっていますので、今後はリアルな暴力表現を扱うゲームで「動き」に対応する可能性は十二分にあります。

これまでの暴力表現は「ボタンを押す」「パッドを操作する」行為に集約されていました。どちらの行為も、実際の暴力とはほど遠い動きです。しかし、モーションコントロールを使えば「リアルな」動きで暴力表現を引き出せます。

相手を殴る、という行為を考えてみましょう。従来の暴力表現なら、ボタンを押したり連射したり、パッドを回すという動きになります。いずれも本当に殴る動きとはかけ離れています。

モーションコントロールならどうなるでしょう。腕を振って殴る、ということが可能となります。これは、本当に「殴る」という動きに近いものがあります。

『Wii Sports』の「ボクシング」では人形のようなキャラクターがスポーツとしてルールある殴り合いをしていましたが、それでも大いにエキサイトするのです。これがハードコア層向けタイトルのようなリアルなグラフィックと暴力表現なら、心に訴えかける力はより大きくなる可能性があります。

殴ることで流血したり顔が歪んだりしたら。グローブをはめた拳ではなく、メリケンサックやかぎ爪付きの籠手だったら。対等の戦いではなく、弱い相手をいたぶるようなルールだったら。暴力表現の入ったモーションコントロールゲームに関しては、これまで以上に慎重なレーティングが必要となるのではないでしょうか。

実はWiiでもリアルな暴力表現+動きの萌芽が見られます。『斬撃のREGINLEIV』は任天堂初のCERO D(17歳以上対象)指定ゲーム。剣で巨人の腕を切り落とし、槍で突き刺すなど動きと暴力表現が直結しています。ゲーム内容的にしっかりしており、決していたずらに暴力表現の過激さのみを追い求める作品ではありませんが、D指定としたことは様々な意味で英断といえるでしょう。

今後、主要ゲーム機がモーションコントロールに対応することで、これまでになかった市場やニーズが生まれてくることと思われます。中にはモーションコントロールのインタラクティブ性に注目し、過激な暴力表現のみをウリにした作品が出てこないとも限りません。

英国の心理学者タニア・バイロン博士は「バイロンレビュー」において「この2年でデジタル上における子供たちの安全に関し重要な進歩があった」とゲーム業界のレーティングへの取り組みを高く評価しています。

信頼を築くのは難しく、失うのは一瞬です。ゲームに対する認識が良いものとなりつつある今だからこそ、モーションコントロールと暴力表現に関しては充分な議論がなされるべきではないでしょうか。

【4月4日23時30分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000009-isd-game
 
   
Posted at 12:41/ この記事のURL
「体とパワーで勝った」三冠王者・浜がみのるを圧殺=全日本プロレス / 2010年04月05日(月)
 全日本プロレスの春の祭典「2010チャンピオン・カーニバル」(CC)開幕2戦目となる4日の東京・後楽園ホール大会では1600人を動員。公式戦4試合が行われた。

 新三冠ヘビー級王者となった浜亮太は鈴木みのるをボディープレス3連弾で圧殺。「体重と勢いだけで昨日今日プロレス始めたヤツがチャンピオン面してる」と批判したみのるの徹底した足攻めに苦しめられ、必殺技のリョウタハマーをカウント1ではね返されながらも、執念のボディープレスで勝利。前日は河野真幸に敗れ、まさかの黒星スタートとなった浜だが、「あの人が持ってない体とパワーで勝った」と、残りの公式戦全勝を誓った。

【4月5日0時18分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000003-spnavi-fight
 
   
Posted at 12:10/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!