ぺーちゃんと相原

April 25 [Mon], 2016, 17:39
意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

トップに位置するのは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。
具体的に、どのように階級が上がるのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、より多くの給料を受け取れるはずです。


公務員介護士になるには、介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。本来、職業としての介護士が長期にわたって務められる職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。
これらは何よりも魅力的だと思います。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。
介護士の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。
結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。准介護士ではなく、国家試験を合格して正介護士になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須です。


そもそも、卒業が受験資格になっているのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、専門学校に入学するための予備校に通う人も増えています。正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信教育課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。

働く場所がたくさんある専門職、それが介護士ですが、実際に介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
幸い、ネット上を少し見てみると専門的に介護士の求人などを支援するサイトもかなりの数があるのです。



なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。

転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。


どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。
世間的に、介護士は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンの際も、比較的審査が通りやすいと言えます。


例外として、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそうとは言えないことも多いです。
ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規職員として勤務している安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。

女性の多い職場であるためどうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。



街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。



ですが、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。翻って個人介護施設の状況ですが、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。



介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。

子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。



それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。忙しいかどうかは、介護施設や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者で待合室がいっぱいになり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。求められるスキルもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。



交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。



一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置もまた違います。

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。

また、視野を広げて、多くの事を学べる機会です。
今後の進路を考える事もできますから、やる気も高まります。
どうしても、介護士という職業においては愛煙家が少ない気がしますが、いかにもその通りで、平均的な禁煙率よりも、介護士の喫煙率は少ないそうです。介護士は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が増えていることが分かるのではないでしょうか。介護機関、それも病棟に勤務する介護士であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤勤務に従事することになるはずです。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。よく介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。


例えば二交代制の介護施設勤務だと、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。こういった長時間労働の現実も介護士がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。
世間では、介護士は白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。



けれども、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。



たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる介護士でも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。
入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、きちんと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

外科勤務の介護士の、良い部分と、悪い部分について理解しておきましょう。手術を受ける前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、介護士としての技術が学べることです。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。
介護士は高収入だというイメージが強いです。介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると平均して高水準を続けられることが分かっています。


また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば介護士はメリットの多い職業だと言えます。
医師、そして、介護士。二つの間には大きな違いがあります。


明らかな違いといえば、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。そして介護士については、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。
要資格の専門職である介護士ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。

自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。
こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。
より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、規模の大きな介護施設に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような前向きな志望動機があれば良いでしょう。介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、転職によって新しく働きだした介護士に、介護施設によりますが、残業代が未払いになることがあります。

賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、手当として支払われなければなりません。

慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。

することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。

しかしながら、介護士国家試験の勉強をして仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。



ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、それぞれの介護士に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般的には課長の役職に近いと言えます。普通に課長職といっても、その年収が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。
あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。ちなみに、最高額の年収と思われる公立介護施設に勤めるケースでは、おおよそ750万円前後だと言われているようです。今どきの交代制勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。職場が外来の介護士であれば、日勤になることもありますが、大半の介護施設が入院病棟の方に多くの介護士を置きますから、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。
妻の話ですが、子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。


海外で介護の立場から支援したいという考えを持った介護士の方が増えています。
実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。海外で介護士になる場合、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。



本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。
とはいえ、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。


例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。


こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。
それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして復職を果たす、という人も増えてきています。
少子化や高齢化のために、介護施設などの介護の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。

それ故、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。



毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、いまだに介護士不足が叫ばれているのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも要因となっています。



実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。
たとえば正社員として働く介護士は月給制です。


でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。
時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、介護機関で働く専門職ですし、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、金額的に少々不満です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kiai
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vui0enasdi0cre/index1_0.rdf