人材不足懸念、引退薬剤師を時給制で活用も

May 30 [Mon], 2016, 15:30
キム・ジョンファン、ソウル支部長「高齢者の専門薬剤師試験事業困難である "
アンヒェラン麻浦分会長「引退薬剤師参加」を提案することも


27日開かれたソウル支部秒理事会で話題になったものの一つが、高齢者の専門薬剤師に地域薬剤師の専門領域の開拓と引退薬剤師の新たな役割として提起された。

この日キム・ジョンファン、ソウル支部長は、常任理事が委員会ごとに複数の必要な理由と事業計画を説明しながら、「金予知学術理事は2014年、プロ薬剤師の論文を発表し、これを実現するために執行部に任命した」と明らかにした。

続いて「キム理事がそのために高齢者の専門薬剤師モデル事業を推進しており、教授と一緒に準備しており、すでに3回の会議を開催しました。関連常任理事の協力を受けて進めている」と説明した。

加えて、「このため、金理事は、ソウル市就職説明会なども準備する余力がない。他の分野は、実行することは不可能して複数の学術理事が必要だ」と強調した。

キム予知学術理事は2014年の薬学会秋季学術大会で「専門薬剤師制度の必要性」というテーマで発表し、高齢者の専門薬剤師、小児専門薬剤師、ストレス専門薬剤師など分野別の専門薬剤師養成の必要性と経済的効果を紹介した。

また、「専門薬剤師の管理と育成は大韓薬剤師会が主催して、オンライン、オフライン教育など、さまざまな経路を通じた十分な教育が先行して評価と管理も入念に実施されなければならない」とし「団体次元の積極的な態度が重要だ」と明らかにした。

この事業を高く評価したアンヒェラン麻浦分会長は「薬剤師の時給が高齢化社会に合わせて非常に必要と比重が高まるしかない」とし「保健所と高齢者のための訪問ヤクリョ事業を協議したが、人材が不足しているのが現実である」と明らかにした。

また、「高齢者の世代が似て引退した薬剤師が参加する高齢者が負担やコミュニケーションの難しさが少ないもので引退薬剤師も役割を見つけることができ、より健康に過ごすことができると思う」と提案した。

キム支部長は、このような意見を参考にして事業を行うと発表した。

一方、地元の薬局専門薬剤師は、もうずいぶん前から提起されてきたが、まだ具体的な内容が発表されたことはない。韓国の病院薬剤師会は独自に専門薬剤師制度を運営しているが国家公認資格で認められはできず、また、米国の専門薬剤師の資格を取る薬剤師もいる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せほぢんがぴずで
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vubeuamanv6ccm/index1_0.rdf