<福島第1原発>避難準備区域 近く一括解除へ 政府方針

August 09 [Tue], 2011, 15:25
 政府は9日、東京電力福島第1原発から半径20?30キロ圏内の「緊急時避難準備区域」の指定を近く解除する方針を固めた。同日午後に開く原子力災害対策本部(本部長・菅直人首相)の会合で正式決定する。指定の解除自体は一括して行うが、具体的な住民の帰宅時期などは、区域内の5市町村が除染作業の見通しなどを盛り込んで策定する復旧計画を受けて判断する。

 同区域は福島県広野町全域と、南相馬市、田村市、楢葉町、川内村の一部が指定され、自力での避難が困難な子供や高齢者の立ち入り自粛を政府が求めている。住民の帰宅は、除染やインフラ整備の状況が各自治体で異なるため、作業の進捗(しんちょく)や放射線モニタリングの結果を受けて、地元と協議し判断する。

 解除を巡って、政府は6日の地元自治体との協議で一括解除案を示したが、首長らからは早期解除と慎重な対応を求める両論があり、細野豪志原発事故担当相は「最終的な解除にはもう少し時間がかかる。地元の意見を聞き、慎重にやりたい」と語っていた。【笈田直樹】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000049-mai-soci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vu7df770
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vu7df770/index1_0.rdf