わきのニオイの悩み

February 13 [Fri], 2015, 5:30
私は思春期、中学生ごろからわきのニオイにずっと悩まされてきました。父親もワキガなので、遺伝だと思います。中学生になったころから制汗スプレーや制汗クリームをわきに塗って、なんとかニオイをごまかそうとしましたが、やはり強いニオイはしみついてしまいます。ワキガの場合、汗も濃いのか、いつも白いシャツのわきは黄色になってしまいがちでした。高校時代になり、年齢が進むにつれてニオイが強くなる傾向にあったので、高校でもトイレのたびにわきに制汗剤をぬってごまかすばかりでした。思春期はとくに過敏な時期なので、まわりの女子にはばれたくないと思っていました。大学に入っても大変です。おしゃれをしてもわきのニオイは消せません。新しい服を買ってもすぐにわきのニオイがしみついてしまうので、よく洗わないとお洗濯をしてもすぐニオイが気になってしまうようになっていました。大学を卒業し、会社勤めになってからはもっと大変でした。オフィスの密集した空間で作業をしていると、どうしてもわき汗をかきやすくなりますし、しかも年中トイレで制汗スプレーやクリームをぬるとだんだん周りにばれてしまいそうだったからです。とても堅苦しい思いで、いつも仕事をしていました。かといって、汗腺手術は大きな傷跡がのこると言われていて正直怖かったですし、金額も高かったので、なかなか手術に踏み切れずにいました。でも、会社勤めをしてから数年たって、美容外科の進歩は速く、あまり傷跡が残らずに汗腺を除去する手術を行っている、六本木にある某有名美容外科に出会い、手術をする勇気がわき、思い切ってそこで手術をしました。かなり緊張しましたが、先生もスタッフの方々もやさしく安心できました。技術も、現在ニオイの再発をほとんどしていない(少しのにおいの再発は仕方ないそうです。)ので、良いのだと思います。アフターフォローもよく、ちょっと傷の具合が悪くても無料で診察を1回だけしてもらいました。手術は麻酔が痛かったですが、術中は全くです。たしか汗腺をバキュームしたとかだったと思います。手術後は2-3日痛いですが、鎮痛剤でなんとかなります。手術の翌日はさすがに休んだと思いますが、その後すぐ会社にも隠していったのでその程度の痛みです。ただわきはずっとガーゼをしているので、もこもこしていましたが。あの悩んでいた毎日を考えると、多少痛かったですが、思い切って手術してよかったと思っています。
わきが手術雑学ブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meg4353
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vu0ne2cd/index1_0.rdf