プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vtzgpiqibolfee
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
【K-1MAX】7・5テコンドー王者としての意地!尾崎圭司「余計攻撃を当ててやりたい」 / 2010年06月29日(火)
 6月29日(火)東京・町田にあるチームドラゴンにて、同ジム所属の尾崎圭司が公開練習を行った。尾崎は7月5日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されるFEG『K-1 WORLD MAX 2010〜−63kg Japan Tournament FINAL』で久保優太(アンリミテッド)と対戦する。

【フォト】この公開練習の模様

 前回の小宮山工介戦で眼を負傷していた尾崎だったが、「不幸中の幸いで手術をすることもなく問題はなかった」という。元気な姿を見せると、公開練習を開始。始めのシャドーでは、テコンドー仕込みの華麗な足技をビュンビュン繰り出す。続くマススパーリングでも、サウスポーに構えた相手に、かかと落とし、上段後ろ回し、ハイキック、ソバットと豪快な足技を次々と決めていった。

 これまでK-1では70kg級を主戦場にしてきたが、63kg級では2戦目となる尾崎。

「70kg級は重すぎましたし、(KrushやRISEでの)60kg級は軽すぎましたね。63kg級は体格的にも骨格的にもベスト」と現在の階級は適正階級だと言う。

 対戦相手の久保は優勝候補の一人に挙げられ、「底が見えない選手」として評価が高いファイター。

「まだまだ伸びている子だし、これからも伸びているので脅威だと思います。パンチの見切りもうまく、1〜2発だけだと見切られてしまう」と久保の実力を評価。

 しかし、今大会は1日3試合を戦う過酷なワンデートーナメントだけに、「経験では自分の方が上」とK-1、RISEのリングで何度もワンデートーナメント経験のある尾崎は自信を見せる。

「自分はワンデートーナメントの恐ろしさを知っています。1日3試合やると考えていると足元を救われます。以前、K-1の一回戦で勝てると思った試合があったのですが、最後にダウンを奪われて負けてしまいました。その試合に集中しないで、1日3試合を考えたときに隙が生まれました。いい勉強になりましたね。メンバーの中で1番トーナメントを経験しているのは僕です。一回戦から全力でぶつかっていきたい」と一戦一戦を大事にこなし、その上での優勝目標を掲げた。

 久保も尾崎と同じくテコンドー出身だが、「僕はテコンドーのチャンピオンなので意地でも攻撃を当てます。見切れるというのなら余計当ててやりたいですね」と闘志を燃やす。

 一回戦をクリアーすれば、準決勝で上松大輔との同門対決の可能性もある。

「上松からは『僕が負けたら、勝っていいですよ。僕が勝ったら久保選手を弱らせた上で勝って下さい』と言われました(笑)。もし二人とも勝ったら、僕が先輩なので譲ってほしいですね」と後輩にメッセージを送っていた。


FEG
「K-1 WORLD MAX2010
−70kg World Championship Tournament FINAL16
−63kg Japan Tournament FINAL」
2010年7月5日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館
開場16:30(予定)開始18:00(予定)

<決定対戦カード>

▼−70kg World Championship Tournament FINAL16 3分3R延長1R
佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/K-1 WORLD MAX2008世界3位)
VS
山本優弥(青春塾/K-1 WORLD MAX2009世界3位)

▼−70kg World Championship Tournament FINAL16 3分3R延長1R
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX2010日本代表決定トーナメント優勝)
VS
アンドレ・ジダ(ブラジル/ユニバーシダデ・ダ・ルタ)

▼−70kg World Championship Tournament FINAL16 3分3R延長1R
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/K-1 WORLD MAX2010日本代表決定トーナメント準優勝)
VS
アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ/K-1 WORLD MAX2002世界王者)

▼−63kg Japan Tournament 準々決勝(1) 3分3R延長1R
上松大輔(チームドラゴン/ISKAオリエンタル世界ライト級王者)
VS
松本芳道(八景/日本ライト級王者)

▼−63kg Japan Tournament 準々決勝(2) 3分3R延長1R
久保優太(アンリミテッド/Krushライト級GP2009準優勝)
VS
尾崎圭司(チームドラゴン/K-1 WORLD MAX2007日本代表決定トーナメント3位)

▼−63kg Japan Tournament 準々決勝(3) 3分3R延長1R
石川直生(青春塾/第2代全日本スーパーフェザー級王者)
VS
才賀紀左衛門(アンリミテッド/大誠塾)

▼−63kg Japan Tournament 準々決勝(4) 3分3R延長1R
大和哲也(大和/WBCムエタイルール日本ライト級&WMCインターコンチネンタル同級王者)
VS
裕樹(リアルディール/初代RISE 60kg級王者)

▼−63kg Japan Tournament 準決勝 3分3R延長1R
上松VS松本の勝者
VS
久保VS尾崎の勝者

▼−63kg Japan Tournament 準決勝 3分3R延長1R
石川VS才賀の勝者
VS
大和VS裕樹の勝者

▼−63kg Japan Tournament 決勝戦 3分3R延長2R
準決勝の勝者
VS
準決勝の勝者

▼−63kg Japan Tournament FINAL第1リザーブファイト 3分3R
渡辺一久(フリー/元プロボクシング日本フェザー級王者)
VS
宮田和幸(Brave/シドニー五輪レスリングフリースタイル63kg級日本代表)

▼−63kg Japan Tournament FINAL第2リザーブファイト 3分3R
“狂拳”竹内裕二(菅原/WMAF世界&MA日本スーパーフェザー級王者)
VS
卜部功也(チームドラゴン/K-1甲子園2008準優勝)

▼−63kg Japan Tournament FINAL第3リザーブファイト 3分3R
麻原将平(シルバーアックス/2008年RISE KAMINARIMON 60kgトーナメント優勝))
VS
谷山俊樹(谷山/MA日本ライト級8位)

▼オープニングファイト K-1ルール 70kg契約 3分3R
小宮由紀博(スクランブル渋谷/RISE 70kg級トーナメント2009優勝)
VS
タヒール・メンチチ(コソボ共和国/チーム・スーパープロ)

【関連ニュース】
殺傷に満ちた佐藤嘉洋、本田圭佑の無回転キックでKO狙う
中島弘貴、クラウス撃破で世代交代へ「パンチ一発で倒せる」
長島自演乙、ジダ戦を前に早くも二冠王に!?「3本目を獲ってきます」
佐藤嘉洋が山本優弥に「確実に殺しに行く」、長島☆自演乙はIT革命!?
ファイヤー原田がいっぱい「K-1 WORLD MAX特集」 6月29日15時25分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000002-gbr-fight
 
   
Posted at 18:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!