基礎代謝と最も大きな内臓

August 20 [Tue], 2013, 0:01

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずにじっとしていても必要なエネルギー量であり、大部分を様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・脳の3つが占めているとのことです。

細菌やウィルスなどの病気を招く病原体が口から肺の中へ侵入し感染した結果、肺の内側が炎症反応を示している病状を「肺炎」と呼んでいるのです。

もし婦人科の検査で危惧していた通りエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りずPOFだと判明したら、基準値に満たない女性ホルモンを足すような治療方法で改善が期待できます。

ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日2〜3杯のデカフェのコーヒーで代用すると、なんと直腸癌の発病率を5割以上も減少させることができたとのことだ。

真正細菌の一種である結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと「せき」をすることで空中に飛び散り、空気中でふわふわ浮かんでいるのを別の人が呼吸しながら吸い込むことで感染していきます。



バイク事故や作業現場での転落など、著しく強い圧力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされたり、複雑骨折となったり、更には内臓破裂してしまうこともあるのです。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月1日より原則無料の定期接種として導入されるので、病院などで注射するスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。

強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間で緩衝材的な役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という円形の組織が飛び出した状態の事を称します。

昨今、若い世代で咳が続く結核に対しての免疫を持たない人々が増えたことや、自己判断のせいで受診が遅れることに縁る集団感染や院内感染の発生頻度が高くなっています。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20〜30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があり、ほぼ股間の辺りだけに広がり、激しく体を動かしたり、お風呂上りのように全身が温まった時に猛烈な掻痒感を起こします。



脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が要因で現れる湿疹で、皮脂の分泌異常の主因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇などが挙げられます。

インキンタムシというのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と称されている、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの場所にうつり、寄生してしまう感染症のことで俗に言う水虫のことです。

学校や幼稚園等の大規模な集団行動をするにあたって、花粉症の症状が要因で他の友達と一緒に楽しく走り回ることができないのは、当事者にとっても悔しいことです。

肝臓をいつまでも健康に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が衰えないようにすること、別言すると、肝臓を老化させない対策をおこなうことが必要なのです。

年齢を重ねることが原因の耳の遠さはなだらかに聴力が落ちていきますが、一般的に還暦過ぎくらいまでは聴力の減退を確信を持って認識できません。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaoruさん
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vtxdrjfv/index1_0.rdf