自動車 セルモーター不調 (1)

September 25 [Tue], 2012, 15:05
通勤で使用している車が、調子悪くなりました。
先日、泊め男 募集帰りに、ガソリンスタンドで満タンにして、さて、出発しようかと、エンジンを掛けるため、キーを回したら、あれれセルモーターセルスターターが、ウンともスンとも、作動音がしません。
キュルキュルと言う、エンジンを回すためのセルの音がしないのです。
バッテリーは3ヶ月前に交換したばかりですので、車内で電圧計では問題なく、バッテリは正常と言えます。
スタンドの給油機の横で、動かなくなった私の車。
車を運転しながら、水戸黄門の再放送を見ていたのが悪かったのかなど、色々とよぎりましたが、スタンドの係員さんの所に出向き申し訳ない。
車が動かないもので、JAFが来るまで迷惑をお掛けしますと、お話し致しました。
念のため、バッテリー上がりを想定して、始動を試すことになり、スタンドの緊急用バッテリ装置を用いても、セルの動作音はしませんでした。
セルが回らないと言うことで、そうとうの距離を乗っているということはお察し頂けるかと存じます。
国道を走る車をヨコに、ボンネットを開けた車が、スタンドの給油機のそばに1台と言う状況です。
全くお恥ずかしい限りです。
ブレーキも踏んでシフトレバーもPに入っていますし、Nレンジでもメで、素人的な手順ミスと言うことではありません。
今日は、何時に家に帰れるのだと考えつつ、自動車保険のロードサービスが一番有利かなと思い、携帯電話から電話をしました。
そして、呼び出し音が鳴っているあいだに、もう1度試しに、キーを回してみるとなんと、エンジンが掛かったではないですか。
セルの音が弱いながらも、なんとか始動できました。
はい、ロードサービスです。
と言う声に対して、スミマセン。
電話する前は動かなかったのですが、今、動きました。
と返事するしかなかったのは言うまでもありません。
すかさず、車を給油機の横から移動してエンジンを切らないままスタンドの係員さんにも、丁重に挨拶をして、自宅に戻りました。
エンジンを切らないよう、寄り道せずに帰ったのは、皆様のご想像どおりです。
自宅の車庫に入れて、エンジンを切り、念のため再始動してみると、セルの音がしません。
やっぱり、エンジンが掛かりません。
これはセルモーターの交換が必要だと、交換に出すため、車内を整理したりして、約20分経過したでしょうか再度、セルをスタートしてみると、今度はエンジン掛かりました。
でも、はやり、セルの動作音が弱く、なんとか掛かったと言った感じです。
これは、エンジンが掛かるかどうかは一発勝負。
特徴としては、エンジンが冷えている熱くない状態なら、なんとか始動できそうだと言う事で、セルモーターのリビルド品再生品を楽天で注文して、なんとか自走して、自動車修理業者で交換してもらう方法を取ることにしました。
セルモーターを新品で買えば部品だけで50000円。
再生品なら18000円です。
工賃は6000円。
最初は自分で交換しようと思ったのですが、必要な工具を買うだけで23000円はするので、修理屋さんにお願いすることにしました。
ディーラーに預けたら入院コースになるのは目に見えていましたが、街の修理屋さんでは、交換も10分で出来ると言うので、自分で交換はせずに、プロに頼んだほうが良さそうと言う判断です。
しかし、コレだけでは終わらないのが、私の人生。
続きは、また次回に。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vtx436zlnk
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vtx436zlnk/index1_0.rdf