大阪市営交通、完全民営化へ早速手をつける

December 03 [Sat], 2011, 15:19
こんばんは。
また一歳をとったんだが。
退化とは、きっと望まない進化のことなんだ。
謎さてさて、今月は、行楽シーズンなので、ちょっと旅に出てきたよ。
泊日台湾旅行連休狙いだったんで、ツアーはあるのに、なかなか飛行機が空いてなくて無理かと思ったけど、なんとか予約が取れたので行ってきました。
日本語があふれていて、びっくりしました。
セブンイレブン、ファミリーマート、吉野家、ニトリ商品は完全に日本の製品ばかり、サランラップとかもある。
コンビニでは、商品も日本のコンビニで見かけるものと同じ。
ペットボトルは、午後の紅茶って日本語で書いてあるのに、サイズはなんか、日本製っていうブランドイメージらしいよ。
日本のコンビニと違うのは袋が有料なこと。
日目セントレアから台北へ。
流暢じゃないけど、日本語ペラペラキャラかなり濃いめの現地ツアーガイドさんに案内してもらいながら、観光施設を見て回って、夕方、淡水まで地下鉄乗車体験。
お年寄りには、徹底して席を譲る親子で乗ってる人は、子供の腕を引っ張って立たせてまで席を譲る。
若者も席を譲る。
見ていた人がブッジョブって合図して電車を降りて行く。
ぴちこは、意味もなく楽しくなってきた真似して、近くの扉からお年寄りが乗ってきた時に、席譲ってみた謝謝言われたテンションそれにしても、なぜか台湾では席が譲り易い。
何でか考えて気がいた。
台湾のお年寄りは、お年寄りって感じなんだよ日本で地下鉄に乗っていると、お年寄りって感じの人あんまりいないんだよね。
御年を召しているように見えても、カチッとした服装で、シャンと背筋伸びてる人とか平然と立っている人だとなんか、席譲るのもどうかと思っちゃうんだ。
淡水皆、お散歩してましたが、私はボーっと座ってました。
夜、夕飯の後。
台北101に行ってきました。
夜景がきれいでした。
日目歴史的な街並み台湾の人は、せっかちなのか歩行者信号も、車の信号もカウントダウン付き。
歩行者信号が青になると、信号の中の人が歩く。
残り時間が秒を切ると、走る。
ちょっと面白い台湾式シャンプーと足ぼマッサージを体験ツアー料金では、どっちか一方だったけど、片方は自腹で両方ウェディングキューピット 詐欺体験しましたリフレッシュできました昼ご飯は、本場の鼎泰豐で小籠包美味しい次の週、名古屋の高島屋の上にある鼎泰豐にも行っちゃったその後、十分で天燈上げ体験。
すっごい山奥で、天燈に願い事を書いて飛ばします。
いったい、飛んで行った先はどうなるんだろう今回は、ツアーのマイクロバスで行ったんですが、なんか景色がよさそうな感じだったので、今度はで行ってみたいです。
夕方から、九分へ。
千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷のモデルになったお店がある。
そこでお茶してきました。
そんなに時間がなくて、露店を見て回れなかったのは残念でしたが、久しぶりにゆっくり中国茶が飲めたので良しとしよう九分で夕飯を食べた後、台北に戻って、士林夜市に行ってきたよ。
凄い人ごみ。
縁日みたいな雰囲気だと思ったよ。
屋台がいっぱいあって気になったけど、お腹を壊すのが怖くて、ちょっと手が出なかったわ。
帰りは、自力で切符買ってホテルまで電車で帰った。
安くて簡単だし、乗り継ぎも分かりやすかったよ。
切符はプラスチックのコイン型。
改札入る時は、当てるだけ。
出る時は、貯金箱みたいに投入するようになってて回収される。
エコだね。
記念に持って帰りたかったわ帰りがてらコンビニでアイスクリームを買ったんだけど、コンビニからホテルに戻る途中でスプーンを入れてくれなかったことに気がいた。
仕方がないから、ホテルに戻ってフロントでアイスクリーム食べたいから、スプーン欲しいんですがって言ってみたら、お部屋まで持ってきてくれた。
わーいでも実は。
アイスクリームの蓋をあけたら、中に入ってた。
こんなん初めて見たっ日目故宮博物館へ、有名な白菜と豚の角煮ガイドさん熱弁中華民族にとって翡翠や瑠璃やコハクは、玉ギョクと言って非常に価値のあるものらしい。
博物館の後、忠烈祠の衛兵交代を見学。
衛兵さんは、微動だにせず、ずーっと立っていなくてはいけない。
まばたきも禁止らしい。
とは言っても非常に暑いし、陽も当たるので、時間も立ってたら熱中症になちゃうぞと思ってたら、ちゃんとそばで見てて、霧吹きで水をかけてくれる人がいている。
それでも、辛そうしかも衛兵さんは、身長以上の、軍の超エリートがやるんだって。
優秀な人材の使い方間違ってる気がするのはわたしだけだろうかでも、さすがエリートビシッと決まってました次回は、ガイドなしのフリープランで行こうと思いました多分、何とかなる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vtmruc0n3a
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vtmruc0n3a/index1_0.rdf